2017年08月28日

コロンブス工場見学

先日コロンブスの工場見学に参加してきました。コロンブスといえば靴クリームで有名ですが、そのクリームはほとんど千葉県北松戸にある自社工場で製造しています。クリーム作りの工程をつぶさに見ることができました。
DSC_1247.JPG

ほとんどが機械による自動化ですが中には写真のように手作りにこだわった工程もあります。ちょっとびっくり!
DSC_1241.JPG

また品質検査も充実しています。上記の写真は革の問題をチェックする場所です。

DSC_1258.JPG

クリームや革の手入れについての講義もしていただきました。靴・革の手入れについてはいつも小縣俊介さんがブログで詳しく書いてくれていますのでここでは触れませんが、基本の手入れについても知らないことがいくつかあり大変勉強になりました。

またコロンブスさんはクリームだけでなく靴のフィッティングパーツも販売しています。シューフィッターとしていつもこのパーツ類には助けられています。今回は特別にこのパーツの使い方についても講義がありました。これについてはまた今後このブログで紹介していきたいと思います。
コロンブスさんの工場見学は学校の社会見学のコースにもなっていて一般の見学も受け付けているようなので興味がある方は聞いてみてはいかがでしょうか。

   上級シューフィッター  林 美樹
posted by ミッキー at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

アンティーク仕上げのちょっとしたコツとは。

ブログを見ていただきありがとうございます。

さて今回は、鏡面磨きのアンティーク仕上げについて書かせて頂きます。
アンティーク仕上げを簡単にご説明すると....
色を部分的に変えて表情を出すことです。

ブラウンの靴をダークブラウンやブラックのクリームやワックスで仕上げることは比較的簡単ですが、
今回のご依頼は薄いグリーンです♪
磨き.jpg
「ブルーのクリームで仕上げたいんですが、色むらが出て綺麗に仕上がらない」とのこと。
アンティーク仕上げの方法は、使用するクリームを変えたい箇所だけお好みの色を使います。
ですが、今回のように薄い色の革に濃いクリームを入れていくとどうしても色むらが出やすくなります。
そこでちょっとしたコツをご紹介!!
簡単なことですが、いったんナチュラル(無色)のクリームで軽く仕上げます。
磨き1.jpg
革にクリームが入りやすい最初の状態で濃いクリームを入れていくのではなく、まずナチュラルでベースを作ってしまいましょう。
磨き2.jpg
それからは、ブルーのワックスをお好みの表情になるまで優しーくのせていきます。
毎度のことですが、力が強すぎるとワックスの層を壊すのでご注意を!!
アンティーク仕上げは修正がめんどくさいです(笑)
磨き3.jpg

アンティーク仕上げのいい所は、表情に深みが出ることはもちろんですが、つま先の傷を目立たなくすることもできます。ちょっと難しい印象ですが是非チャレンジしてみてください。

[No.36] シューフィッター 小縣 俊介

posted by シュンスケ at 19:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

世界の靴『フィンランド編』

8月も半ばを過ぎ、そろそろ9月ですが、まだまだ残暑が続いております。
今回は先日フィンランドにご旅行へ行かれた知人から靴の写真をいただきましたので、『フィンランド』を取り上げてみたいと思います。

フィンランドといえば思い出すのは、「ムーミン」。私も大好きなキャラクターの一つで、昔はTVでもよく見ていたような?気がします。それから鮮やかな色の大胆なプリント柄をデザインした「マリメッコ」ブランド、現代的な北欧デザインの食器で有名な「イツタラ」両方ともとても大好きで、湯飲み・コーヒーカップやハンカチはよく愛用しております。あと昔映画で有名になった「かもめ食堂」などなどいろいろとあります。
靴ではランニングシューズメーカーで「KARHU」(カルフ)フィンランド語で「熊」を意味する靴ブランドがあります。

面白いデザインの靴の写真をいただいたので紹介します。
フィンランド トナカイレザーの靴.jpg
こちらはトナカイの革を使った靴ですが、取り外しができるがま口の財布がついていて、とてもユニークなデザインです。

フィンランド ウサギのスニーカー グレー.jpg
こちらは最近注目されているそうで、ウサギをモチーフにしたデザインのスニーカー。履き口に耳がついていて、踵にはファーが。履いていて楽しくなりそうな靴です。

フィンランドはオーロラが見える場所でもあります。冬になると防寒の靴がたくさん出てくるのでしょうね。

来月も世界の靴をご紹介したいと思います。

上級シューフィッター&フースフレーガー 藤井恵

posted by ベーター at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする