2011年08月30日

靴の前足部は皿型

DSC00096.jpg

前回に皿型のソールと記しているが、靴を前方から観ると写真のような状態のことである。 つまりソールの内・外側が設置せず、前足部の中央が設置している。 写真は革底のしっかりしたソールだからできることであるが、軟らかすぎるソールでは皿型にはなりにくい。 
PNGで保存 三点支持のマークずみ.jpg
足の骨格は三点支持で立っているが、もし靴のソールも三点で支持をしていればどうなるのか? とてる歩けるものではないでしょう。 その反対に皿型になっていれば軽快な歩行ができる。 このようなことは自転車のタイヤですべての方がすでに経験済みである。  ペタルが重くなれば人は自然な行動として空気を入れる・・・その結果タイヤは丸くなり接地面積は少なくなりペタルは軽くなる。 そのようなことと靴のソールは似ている。 

硬いソールほど皿型が必要になることは当然なことです。 スニーカーよりしっかりした革靴の方が歩きやすいと言われる所以は皿型のソールであることが多い。  グットイヤーやマッケイ縫いなどの靴も、ソールの外回りのミシンが切れにくいのは皿型にあると言われます。  

この頃はソールのミシンが早く切れてしまうことが多くなったが、接着の甘さよりソールの皿型が少ない、またソールが軟らかすぎることなどが一因と考えられる。 

前回の内容に戻るが、身体の調子が悪いとふらつきを感じやす・・・とくに靴を履くと。 その一因に皿型のソールを上げているのです。  健康でなければ靴は履きにくくなるのは確かなことです。シューフィッター 【大木 金次】 
posted by シューフィッター at 00:00| Comment(0) | 構造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

アスリートの靴はひも付き

サドル型のデザイン.png

靴の甲を締める道具として靴ひもがあるが、この道具は古くからありとても身近なものである。 ひも以外の道具は面テープやバックル、ホック止めなど簡単なものがあるがアスリートには余り採用されていないようだ。 なぜなのだろう? 

結論が先になるが、やはりフィット感が得られにくい、そして好みの締め付けに調整が難しいためでしょう。  そのようなことから世界のトップアスリートほど、靴にひもが付いている。 フィット感と共に靴を履くときの時間をひも締めでたっぷりとる。 そのような気持ちの安定にも一役たっているように思える。 

スポーツ競技の頂点に立つ人ほど練習時間が多いと思われるが、そのために靴のフィット感の違いも時間ごとに違いが生じ体感するものと思われる。 その結果細かな調整のできる靴ひもはとても便利なのである。 僅かな違いが把握できずしてトップに立つことは困難である。 

一般の生活者もひも靴の使用者は多いが、ひもの締め加減まで神経を遣う人は少ないようだ。 少なくとも午前と午後ぐらいは靴ひもの調整をしてほしいものです。 快適な靴生活の実現のために、親は子どもたちへも啓蒙を行って頂きたい。 シューフィッター 【大木 金次】
posted by シューフィッター at 00:00| Comment(0) | 構造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする