2024年04月01日

悪魔のトリセツ No.162

寒いながらも、日が長くなり、花のつぼみや木の芽もふくらんでいます。
お洋服も、軽い生地や明るい色のものに変わろうとしています。
さて、靴もそろそろ、雰囲気を変えたくなりますね。
歩きやすい靴は、爪先が大きい紐靴だとわかってはいるけれど、お洋服とバランスを取りにくいことはありませんか?
そんなとき、試しに紐を土踏まずにあたる部分で、ギュッと強く締めてみてください。
そうすると、土踏まずから踵にかけて足にタイトなラインになり、ほっそり見えませんか?
靴先の大きさが逆に生きてくるのです。

それだけではありません、靴紐を締めることは、歩きやすさにつながり、更に美しい姿勢につながります。美しい姿勢は、お洋服姿を美しく見せます。

お洋服は、「肩で着る」と言われます。
肩から落ちるお洋服のラインは、その本来のスタイルを狙いどおりに再現させます。
膝が曲がると上半身の姿勢も崩れ、せっかくのお洋服のラインが変わってしまいます。
靴の紐が緩いと、靴を逃がさないような、膝を曲げた歩き方になって、歩く姿勢が崩れてしまうからです。

とはいえ、出かける支度の時間が押してしまって、靴紐を締める時間がなくなってしまうこともありますよね。
そんなときは、信号待ちの時や、乗り物に乗った時など、立ち止まっているときに紐を締め直しましょう。
靴紐は、いつでも締め直すことができる、便利なアイテムなのです。


上級シューフィッター・ウォーキングマスター・レザーソムリエ ・ヨガインストラクター
   永田 聖子
posted by kemix4 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: