2024年03月20日

フットケアと靴 No.67

まだまだ三寒四温の季節、春が待ち遠しいですね。店頭では春の靴がたくさん並んで、見ているだけでとてもウキウキしてきます。

今月のフットケアと靴は「片足だけのタコ・魚の目」についてお話しします。

写真のように片足だけ魚の目ができて、とても痛くて仕事がしづらいとご来店の40代の男性のお客様

IMG_4268.JPG
フットケアで魚の目の痛みは取れましたが、また同じ環境での生活だと元に戻りやすくなります。

たこ・魚の目は摩擦、圧がかかると皮膚が防護反応でできます。
片足だけできるので足をよく観察してみました。

IMG_4269.jpg
右足の赤い線の長さと、左足の青の線の長さの違いがわかりますか?
足のサイズに違いがありました。

足長(足の長さ)の違いは、足の圧のかかる場所、足の動きも変わります。
今回は施術がメインで詳しく細かい計測はしてきませんが、靴のサイズ選びはとても重要で、それから専門家による調整も必要となります。

足のサイズ、形は人それぞれ。
左右全く同じサイズの人はあまりいません。
靴選びはぜひシューフィッターにご相談いただければと思います。

ドイツ式フットケアで足を改善し、靴・靴の履き物の環境を整えて、快適な靴と足」で楽しい春を迎えてください。

マスターオブシューフィッティング&フスフレーゲマスター 藤井 恵
posted by ベーター at 01:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: