2023年04月05日

ぞうきん絞りに似る「あおり歩行」

ピクチャ 4 骨格 (3).png
あおり歩行(上記 図)をみると足は実によくできていると思わざるをえない。 一般の方にも「あおり歩行」または「ローリング歩行」という言葉が使われることを願っています。 
「あおり歩行」はほとんどの方の歩行動作ですが、高齢になると少しむずかしくなるようです・・・歩き始めは踵から接地し、さらに第五趾(こゆび)が接地して、最終は第一趾(おやゆび)で蹴り返すという動きが「あおり歩行」です。

「あおり歩行」の効果は、滑らかな歩行と力強く歩けることにあります。 極端ですが猫のように何の音もせず歩き通せる。 さらに歩幅も広くとることができ、長時間歩いても疲れにくい、人間らしい歩きかたとも言われた研究者がおりました。
足は第五趾から接地が始まると蹴り返しに力が入りやすいのですが、反対に第一趾(おやゆび)から力が入るとゆび全体に力が入りくい。

このような歩行をわかりやすく表現すると「ぞうきん絞り」が上げられます。 足の動きは手に似ると考えています。
096縮小済み 健康 文化.jpg
ぞうきんをタテ(写真)に持って絞ると両手に力が入りやすいことがわかります。 その時の手つきをみると「こゆび」から力が入り、そして最終おやゆびで絞りきれます。 このような例から、あおり歩行はぞうきん絞りに似ていると、小生が勝手に言っているものです。
反対にぞうきんをヨコに持つと絞るとおやゆびから力が入りきっち絞ることがむずかしい。 そうするとヨコに持って絞ったぞうきんは乾燥に相当な時間を要してしまいます・・こんなことはお笑いのような話ですが、最近の若者にヨコ絞りが増えているような気がします。 その要因は、ぞうきんを持って拭くことも絞ることもなくなりつつあるからではないでしょうか? 

ただぞうきん絞りは毎日の事ではありません。 しかし歩くことは毎日欠かすことができません。 しかも歩行回数は膨大なもので、さらに健康問題としても重要なことです。 きっちりゆびを使って歩けることは基本的なことです。

靴の話になりますが、あおり歩行をするには充分なつま先余裕(靴)が必要です。 靴を選ぶときはシューフィッターからアドバイスを頂きましょう。 「あおり歩行」に関心をもって頂きたいものです。
シューフィッター 大木金次

 
posted by シューフィッター at 00:00| Comment(0) | フィッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: