2021年11月15日

アレグレットのテンポで歩こう 11月

 みなさん、こんにちは。
 そろそろ冬を迎え、吹く風が肌寒く感じられます。 季節の変わり目らしく、気温もお天気も変化が目まぐるしい日々です。
 風邪などひかないよう、身体を動かして温めましょう。
 運動は数々ありますが、中でも歩くことは、特別な道具は何も要らない、手軽な運動ですね。

 ところでウォーキングと言うと、歩数が気になります。
 しかし「1日10000歩」説も賛否両論のようです。
 私は、歩数を増やすより、身体に無理が出ないように歩くことを心がけています。

 とは言え、背中を伸ばして胸を開いて、膝を伸ばしてかかと着地、歩幅を大きめに腕は後ろに引いて…あれこれ考えると難しくなってしまいます。
 そこで私は、部分を絞って意識を向けるようにしています。

 一番大切にしているのは、おへその下、指を横にして3本分ほどの「丹田(たんでん)」エリアです。
 歩くのは下半身ですが、上半身が上から引き上げてサポートしています。
 その繋ぎ目に丹田エリアがあります。
 ここに力を入れようとすると、腰がしっかり据わって、お腹全体や肩周りまで真っ直ぐ立ち上がる気がします。
 このエリアには、筋肉の奥に、大切な内臓があり、更に奥に意識を向けると、括約筋が引き締まる気持ちもします。

 いろいろ難しい事はさておいて、まず、この丹田エリアを引き締めるように息を吐いて歩き出すと、上半身がしっかり立ち上がります。
 すると下半身にも力がみなぎるのを感じられませんか?

 少しでも歩く機会があれば、是非お試し下さい。


上級シューフィッター・ウォーキングマスター・レザーソムリエ ・ヨガインストラクター
   永田 聖子
posted by kemix4 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: