2021年05月20日

フットケアと靴 No.33

今年はちょっと早い梅雨入り。雨の日が続いて、湿度が高く、蒸し暑い感じもあり、「そろそろサンダルが履きたいな」という季節になってきております。
サンダルになると足は素足になり、「そろそろ足のお手入れをするのがいいかな」と思う方も多いのではないでしょうか?これからの季節はフットケアが忙しくなる季節でもあります。特に爪は気になる方も多く、ご相談を受けることも多くなりました。
今回は「2枚爪」について靴との関連性を投稿します。


この写真よく見ると爪が2枚になっているのがわかりますか?(2枚爪と言っても、爪の状態は色々とあります)

2枚爪.jpg


爪は外的要因、内的要因で変化します。特に外的要因の中に、「靴の影響」があります。


こちらは2枚爪の方が履いてらっしゃった、靴の中敷です。
2枚爪中敷き.jpg

中敷の足あとの爪先部分をよく見ていただくとわかりますが、爪先ギリギリのところまでゆび先があります。
このように足のサイズ(特に足長)が小さく、爪先に余裕がないと、爪のトラブルが起こりやすくなります。


爪トラブルは大人だけでなく、子供にもよく見られます。
先日も中学生の2枚爪のケアをしました。施術のあと靴の長さを確認すると、爪先は当たってないのですが、捨て寸(爪先の余裕)が少なく、そのため歩くたびに靴の中で爪が当たって、爪が2枚になってしまったのだと思いました。靴はローファーで紐靴のように足の安定感がなく、このサイズが足にフィットしたのだと思います。新学期が始まって間もないのですが、サイズを1つ上げるように指導しました。


素足が気持ちいい季節になりました。足の状態をチェックするいい時期です。自分の足はもとより、お子さんや、ご家族の足をチェックしてみてはいかがでしょうか?爪に何か異変があれば、もしかすると靴の影響もあるかもしれません。
そういう時は是非シューフィッターにご相談ください。足と靴をチェックして、足に合った靴のアドバイスをしてくれると思います。

うっとおしい梅雨の季節ですが、快適な靴と足でお過ごしください。

上級シューフィッター&フスフレーゲマスター 藤井恵
posted by ベーター at 02:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: