2020年04月01日

悪魔のトリセツNo.114  パンプスに「楽チン」を求めないで

 みなさん、こんにちは。
 今、世界中が、大変な事になっています。 
 しばらくは行動自粛など、お出掛けの機会は減ることでしょう。 

 今まで人類は、何度も感染症を御して、乗り越えて、私たちにその経験や知恵を残してくれています。 
 根拠ある知識を元に、安全に過ごそうと思います。 
 いずれまた、パンプスを楽しく履く機会は戻ってきます。 

 さて、今回も、パンプスを着ける心構えの一部をお伝えしたいと思います。 
 まず、久しぶりにパンプスを履くときは、傷んでいないか点検したり、改めて足に馴染ませるなど、準備をして、トラブルを防いで下さい。 
 そして、パンプスでお出掛けする基準は、「楽チン」ではない、ということです。 
 礼服や、お洒落をしてお出掛けする時に着ける靴なので、気合いを忘れないで下さい。 
 
 「楽チン」をお望みなら、「歩きにくい靴」をおすすめします。
  足がスッと入り、かかと周りが柔らかく、ふんわり柔らかいクッションで、軽い物がリラックスできます。 
 スリッパやミュール、足に合わない大きなサイズの靴など、連続歩行に向かないような履き物こそ、リラックスするのに向いています。 

 健康がいかに貴重なものか、健康的な生活を送るのが、いかに難しくて簡単なのか、身に染みる思いをしています。 
 生活のなかで、優先順位が大きく変わるかも知れません。 
 この困難を乗り越えた先には、また新しい価値観が出現することでしょう。 

 ところで、新型ウィルスは、空気感染ではなく、飛沫感染や接触感染だそうです。
 人と適正な距離を取り、手洗いやうがいを徹底し、お部屋の換気を心掛けることなどで、感染予防ができるそうです。 
 リンクを参考までに貼って置きます。厚生労働省の3月31日現在の情報です。 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html 

 では、次のアップは5月1日の予定です。 
 皆さんのご健康をお祈りしております。  

    上級シューフィッター・ウォーキングマスター・レザーソムリエ  
                                                   永田聖子 
posted by kemix4 at 08:27| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しく拝見しています。パンプスの記事をいろいろ探していたら、こういうマンガもみつけました。
https://ddnavi.com/serial/550310/a/
男の内羽ストレートチップも、カーブが合わないと苦しいです。
Posted by   at 2020年04月28日 21:55
コメントをありがとうございます!
いつもお読みくださって嬉しいです。

更に、面白い記事をご紹介くださってありがとうございます。本当に、摩擦頼りのパンプスですね。
素足で履くと歩きやすいけれど、血だらけになるのは、そういうことだったんですね。

サルバトーレ・フェラガモさんはじめ、靴の木型やデザインを考える人は、本当に理系で、私がハイヒールやパンプスを楽しめるのも、その分析と実践のお陰です。

さて、内羽の、痛くなりやすい場所は、ちょうどパンプスの履き口の「スロート」(のど)と呼ばれる場所と似ていますね。あそこも角度が合わないと、足の甲に食い込んで痛い場所で、フィッティングの大切なチェックポイントです。
男性が愛用する紐靴にも、パンプスと同じ苦痛があると知りました。
大きな気付きです!

今後のブログに、コメントの内容を使わせていただきたく思いますか、ご了承頂けると幸いです。

これからも、どうぞよろしくお願い申し上げます😃
Posted by 永田聖子 at 2020年04月29日 11:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: