2018年11月09日

高齢者の足と靴「足のトラブルは鍛えて治す?」

気持ち良い秋風の中を歩くと、本当に心身ともにリラックスでき、同時に運動効果もあがります。
リラックスできて、運動効果が上がるというのは贅沢な、都合良い状況だと思いますが、本当にそんな気持ちにさせてくれるの、ノルディック・ウォークです。
秋のウォーキング講座で足と靴の事をお伝えします。
難しいことではなく、それぞれの方が、自宅で取り入れやすいように、また体感できるようにと心がけています。
良い靴を履いて頂きたい気持ちは勿論ありますが、長い間の習慣や価値観は簡単に変えることはできません。
足の痛みを訴えられる場合、靴のアドバイスをしなくてはいけない状況が多いのです。
それぞれの方の価値観が足や靴に向けられる費用に繋がります。
足の事を知っていたら、選び方も変わってくるでしょう。
足や靴の事については、「聞いたこともなかった!」という方が多いのです。
とは言っても、すぐに足に合った靴を丁寧に履くというところまでには至りません。
諦めず、気長にお伝えを繰り返します。
例えば、5年前に講座を受けて得た感想と、今年得た感覚は随分変わっている場合が多いです。
5年の月日が経ち、身体の老いの状況が変わっている事も一つの理由です。
以前より、真剣に足のことを考え、靴のことを考えてくださると次回の靴選びが違ったものになってきます。

人生が長くなった分、体に対して優しくあって欲しいと思います。
早く歩くより、綺麗に歩き。
立ち姿の綺麗さより、動いても綺麗な身体であって欲しいと思います。
立ち姿で選ぶ靴と動いてもなお綺麗な姿でと思って選ぶ靴は、違ってきます。
違ってくるのが高齢者だと言っても良いでしょう。
若い方は、立ち姿で選んでも大丈夫ですね。
綺麗な歩容のためにポールを使って歩く練習をしますと、ポールを使わないときも綺麗に歩けます。
トラブルのある時、足が痛い時、鍛えて治そうと考える方がいます。
多いことに驚くことがあります。病院に行き、お医者様に診ていただいて、治療して欲しいですね。
自己判断は避けましょう。 鍛えて治ると考えるのは危険です。
でも、痛くなく、悪くないのに運動しないのはよくないですね。
鍛えましょう。高齢者は、優しく鍛えましょう。

45717024_1933118630058470_1514171521700986880_n.jpg
介護施設でも歩く練習をします。その時に履く靴もしっかりと選ぶことが必要です。
子どものように、高齢者も個人差が大きく靴の底、アッパー、重さなど細やかな靴選びをしたいと思います。45415089_1966145087017446_3349594425205456896_n.jpg

上級シューフィッター
介護福祉士
ノルディック・ウォーク講師
池川成子





posted by k-burogu at 17:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: