2018年08月15日

Leather RevealNo.8 水と皮と革

みなさん、こんにちは。
レザーソムリエの永田聖子です。

早くも立秋を過ぎ、残暑厳しい中にも、季節の移ろいを感じるようになりました。みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

今年は、雨も日照りも極端な夏で、水への恩恵と畏怖が身に染みるような思いをしました。
さて、水と言えば、皮を革に鞣(なめ)す時にも、その恵みが欠かせません。
原皮を輸送したり、鞣す時まで塩漬けにしますが、それを洗い流して鞣しに備えるのを皮切りに、酸化させたり還元させたりする時にも、大量の水を必要とします。
大きなタンクに皮と水や薬品を入れて撹拌します。
作業には、何度も大量に水が使われるので、多くの鞣し工場が川のそばに作られています。
そして、その水質によって、革の鞣し上がりの風合いが変わるそうです。

ところで、日本では、環境付加が少なくなるよう、「日本エコレザー基準(JES)」が設けられています。
鞣しに使われた、排水や廃棄物の処理が適正に管理された工場で製造するなど、認定基準がいくつかあります。

海洋国でもあり、 豊かな森と四季に恵まれる山谷の国、日本。
多くの河川があり、革は川の恵みに支えられています。その環境を、大切にしたいものですね。

上級シューフィッター /ウォーキングマスター/レザーソムリエ 永田聖子
posted by kemix4 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: