2018年07月28日

中敷・パッドあれこれ

西日本豪雨災害で被害を受けた地域の一日も早い復旧・復興をお祈りいたします。また被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

さて先日、NHK「あさイチ」でサンダルの選び方をお話ししたところ、中敷・パッドによる調整に関しての反響が非常に多く、うちの売り場だけでなく番組で紹介したコロンブスの中敷・パッドが品薄になっているとの事です。多くの方は「こんな中敷・パッドがあるなんて知らなかった」と言う感想でしたので、サンダルだけでなくパンプスや紐靴などに良く使用するパッドの話を今回はしたいと思います。一部、以前のブログと重複しますがお許し下さい。(コロンブスの中敷き・パッドを今回はご紹介します。)

多くの方が調整用の中敷、というと思い浮かぶのがこのタイプですよね。

DSC_1405.JPG

「サイズフィッター」
このタイプは緩いときに敷くものですが、サンダルはもちろんパンプスにもあまり使えません。踵が浅くなってしまうので逆に脱げやすくなってしまうのです。
ですからこの中敷きはスリッポンやローファー、紐靴、ブーツ、などの甲が覆われているタイプの靴向けです。

P1190008.JPG

「フットソリューション つま先用」
このタイプはパンプス向けです。中敷に貼り付かないので前が詰まっているパンプスに向いています。緩いときに使います。

P1190006 - コピー.JPG

「フットソリューション つま先コンフォート・つま先クリーンプロテクター」
これも緩いときに使います。またすべり止めとしても効果があります。中敷に貼り付くのでサンダルにもパンプスにも使用できます。
これを買う時に必ず厚さを確認して下さいね。1oから3oまであります。(コロンブス以外ではもっと厚いものもある)新品の時はできるだけ1oを敷くくらいで買いたいです。それは履いていくと革靴は必ず伸びて緩くなってくるからです。緩くなったらより厚いタイプに交換しましょう。

DSC_1403.JPG

「足裏サポートカップ」
これはブーツが緩いときに効果があります。ブーツはゆるくても脱げないのですが、歩くたびに踵がパカパカして疲れます。その時はハーフインソールタイプを敷くと甲がしっかり止まってきて安心です。

残念ながらどの靴、どの状態にも効くオールマイティの中敷きはありません。ケースバイケースで中敷、パッドは換えていきましょう。分からないときはぜひシューフィッターに相談ください。

   上級シューフィッター、健康ウオーキング指導士  林 美樹
posted by ミッキー at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: