2018年07月09日

高齢者の足と靴  雨の日

大阪府北部を震源地とした地震が発生して3週間が経ち, その後の豪雨、死者120名と発表され、
被害に遭われた方も多く心が痛みます。
お悔やみ、お見舞い申し上げます。

皆さんは、地震・大雨の時スムーズな動きができますでしょうか。
防災グッズの点検、水の確保など、気をつけなければいけない事がいくつかあります。
靴への気配りはどのようにすれば良いでしょうか。
靴のことは、ついつい最後になってしまいますがいざ動くとなると困ることが多々あります。
いつも履きなれた靴を、身近なところに置きておくことは大切です。
履きなれた靴の点検をしておくと良いでしょう。
底が減っていたら滑ります。サイズが合っていないといざという時は、脱げてしまいます。
ゴム靴が必要な場合もありますし、ゴム靴よりスニーカータイプの方が便利な時もあります。
どのような靴を用意しておくと良いかを考えてみてください。
写真の靴は、高齢者向きではないようですが、最近は70代の方にも履いて頂いてます。
水が入らない、滑らない、安定が良い等と悪天候の時にも活躍してくれます。
ゴアテックスです。
足元がしっかりとして、力強く歩けます。
普段から軽い靴を選んで履かれている方は、重いのではないかと心配されますがソックスを履きサイズを合わせれば重さはそれほど感じないのです。
軽すぎる靴は、いざと言う時には活躍してくれない、通常の重さのある靴の方が適しているでしょう。
普段から、しっかり歩ける靴で安定感を感じながら歩くことを習慣にしておくことが大切です。
それぞれの方に適した靴を探すことが必要です。
色んなところから靴を探してみると、意外と自分に適したものが見つかります。
滑らないように、転倒しないように歩ける靴で、しっかり歩いて備えたいと思います。
36825329_1935347906532327_3808318553283624960_n.jpg

シューフィッター 池川成子
posted by k-burogu at 22:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: