2018年07月01日

2018年7月1日悪魔のトリセツ No.93 あなたの足、ゆび、「パー」を覚えていますか?

みなさん、こんにちは。
シューフィッターで、ウォーキングマスターの、永田聖子です。
いつも「シューフィッターが語る足と靴」ブログをお読み下さって、ありがとうございます。毎月1日は、「悪魔のトリセツ」アップの日です。

さて、みなさんは、足のおやゆびからこゆびまで、パーっと広げることができますか?
足のゆびは、5本に分かれて、ちゃんと働いています。
パーも、グーも、できる方が良いのです。

パンプスでなくとも、紐を緩めたままの紐靴や、先丸の靴下などの、いつも爪先をまとめるような環境にあると、ゆびは広がる感覚を忘れてしまいます。

「パー」がうまくできないと、ゆびから繋がっている筋肉も動かせていない、ということになります。

使わないでいる筋肉は、やがて衰退して、使えなくなります。
でも、大丈夫!
適度に使えば、筋肉はまた、発達を始めます。

普段は靴や靴下の中に押し込められている足のゆびを、意識して解放して下さい。

パーができない人は、身体がそれを忘れているだけです。刺激を与えられると徐々に思い出していきます。

お風呂で温められて、身体が動きやすくなっている時に、足の裏のゆびの間に手の指を入れて、握るように合わせてみてください。コツは、頑張らないこと、続けること、です。最初はできなくても構いません。そのうちできるようになります。できるところから、できる程度に試して下さい。

素足になる機会が増える夏ですから、おうちで素足で寛いでいるときにも、足のゆび、ぐー、ぱー、してみてください。1日何回、何分間とは言わず、思い出したときにどうぞ。

いつの間にか、足のゆびが動きやすくなって、ゆびを動かすことに心地よい刺激を感じられるようになれば、その以前よりも、足のゆびをまとめて固めてしまう環境からの回復が早くなることでしょう。
それは、ハイヒールパンプスを楽しむ環境がひとつ増えることになります。

パンプスを「悪魔」と怖がるのはもったいない!
パンプスの出番が増える秋までの、これからの約2ヶ月で、「悪魔」を自在に操る準備をしておきましょう。

今回も、お読みくださってありがとうございました。次回の「悪魔のトリセツ」は、8月1日です。その前に、革についてのブログ、「Leather Rebeal」の次回は、7月15日です。請う、ご期待!

上級シューフィッター /ウォーキングマスター/レザーソムリエ 永田聖子
posted by kemix4 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: