2018年06月20日

「子どもの靴デビュー」のお話

先日18日朝関西地区で起きた地震の被害にあわれた方へお見舞い申し上げます。
私自身も震度5の揺れで少し怖い体験をしました。余震もありますので、まだまだ注意が必要です。雨などで土砂崩れなどにもご注意ください。

今回も先月FM滋賀 e−radioにてお話した内容「社会人革靴デビュー&子どもの靴デビュー」について投稿いたします。前回大人の靴ずれのお話を投稿しました。大人は靴ずれができても我慢したり、対策することができますが、子どもは痛くなっても大人のように対処できないのです。それだけに子どもの靴選びは大人以上に大切です。大切な子どもの足は大人が守ってあげないといけません。子どもの足と靴選びについてポイントをお話します。

まず「子どもの足は大人の足の縮小版ではない」と思ってください。子どもの足の骨は生まれたばかりは軟骨だらけです。この軟骨が成長とともに骨になり、成長期にしっかり運動することにより健康な足になります。

靴をチェックするポイントは
〇靴の踵周りがしっかりしている
〇つま先の形状が子どもの足に合っている
〇トウスプリングと言って、靴のつま先が少しそりあがっている
〇足指の付け根でちゃんと曲がる
〇紐靴やマジックテープなどで甲をしっかり留められる
〇底材がしなやかで弾力性がある
〇靴の素材(アッパー/甲部分)がしなやかで、吸放湿性に優れる  などの7つです.
子どもの靴は成長に合わせて選んであげてください。 特に大切なのは歩き始めから6、7歳ぐらいまでです。

下記の3つの質問をいただき、アドバイスをさせていただきました。

@「子供の成長は早いので大きいサイズを履かせても大丈夫なのか? 実際の足のサイズより大きめの靴を買う人も多いと思うのですが、どうでしょうか?」
⇒大きい靴を履かせると靴の中で足が動きやすくなり、足の指が曲がったり、転びやすくなったり、足の成長に大きな影響を与えてしまいます。

A「きょうだいで、上のお子さんのお下がりの靴を下のお子さんに履かせる、ということもあるかもしれませんが、これはどうでしょう.サイズが合っていれば、大丈夫ですか?」
⇒人の足はそれぞれ形が違います。サイズが合っていたとしても、足の幅や甲の高さなどの形が違うこともあり、幅がきつかったり、緩かったりします。履き癖のある靴は、足がうまく使えないなどがありますので、おさがりの靴はあまりお勧めしません。

B「子ども向けにも、ヒールが高くなったオシャレなサンダルなどが出ていますが、ちょっと大人っぽいオシャレ靴はどうでしょう?」
⇒子どもが服に合わせてオシャレな靴を履いている姿はとてもかわいく、とてもおしゃれだと思います。でもヒールの高いサンダルなど、大人っぽい靴を履くと、まだ成長できてない足がうまく使えず、足が前に滑ったり変な足癖や歩行の癖がつくかもしれません。できたらTPOに合わせて履き替えること。特によく遊ぶ、歩くときはしっかりと足に合わせた靴を履かせてください。


子どもの足の成長はあまり詳しく知られてないことが多く、つい大人と同じ感覚で靴を選びがちです.ドイツでは「靴文化論」があり、子どものころから靴の指導があります。日本ももっと「靴と足」に目を向けて、健康で元気な子どもの足を育ててほしいと思います。
子どもの靴選びをシューフィッターがお手伝いささせていただきます。シューフィッターの中にも「幼児子どもシューフィッター」と言う専門的なシューフィッターもいますのでご利用ください。

上級シューフィッター&フースフレーガー 藤井恵



posted by ベーター at 01:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: