2018年04月28日

日本とアメリカ(ニューヨーク)の靴文化の違い

前回、ニューヨークの足病医の林美香先生プロデュースの足に優しいハイヒールパンプス発売の話をしました。そこにも告知しましたが、4月1日、7日、8日と3回にわたりそごう横浜店婦人靴売り場で、先生のトークショーが行われました。なかなかアメリカの足の専門医の話を聞ける機会はないので、各回とも多くのお客様が聴きに来ていただきました。
興味深いお話ばかりだったのですが、特にその中でも印象に残る話を今回はいくつか取り上げたいと思います。日本人の靴に対する考えが良く分かる話です。

DSC_2985.JPG


1.ニューヨークの女性会社員は通勤時にはスニーカー、もしくはぺったんこの靴を履く。しかし会社に来るとヒールの靴に履き替えオフィスではそれですごす。日本では通勤時にヒールパンプスを履き、会社ではサンダルなど履いていることがあると聞いたのでびっくり。

美香先生はこのように話してくれました。補足すると、ニューヨークの女性は通勤時に服装をビシッと決める必要はない、なぜならばみんな知らない、かかわりの薄い人たちの中通勤するから。でも会社では違う。だらしない恰好をしていたら「仕事ができない」と思われボスからよく思われない。だから会社でばっちり決める、そのためにはヒール靴だ、と言うことだそうです。
面白いですね。会社に対する考え方はともかくオフィスの中で過ごすのならばヒールでもそれほど大変ではないですね。通勤の方が電車に乗って立っていたり、階段を上り下りしたりで足に負担が来ると思います。そう考えるとニューヨークの女性たちの靴の履き分け方の方が理にかなっていますね。

2.日本の靴は価格が安すぎる、もっと価格の高いもの(品質の良いもの)が売れる社会でなくてはいけないのでは?

これに関しては靴業界の方々ならば多くの方が「うんうん」と頷くと思いますが、一般の消費者の方からしたら???かもしれませんね。なにせある調査によると今日本で一番売れている靴の値段は3900円らしいのです。それを考えたら百貨店で扱っている靴(通常は1万円以上)は高すぎと思うでしょうね。
ただ価格は靴の品質に反映します。残念ながら3900円の靴はやはり長持ちしないと思います。また足をしっかりサポートしてくれる機能も少ないでしょう。品質が良く足にもよい靴を長く履いた方が良いのではないか、と言う先生の意見でした。
ニューヨークはアメリカの中でも特殊な都市ですからそのような方が多いのだと思います。ですからアメリカでは・・と一概に言えないと思いますが、僕は前々から日本の靴は安すぎるなあ、と思っていました。本当に生産に手間がかかり、また足はもちろんのこと体全体に影響が出る物の割には多くの方が軽く考えているように感じます。

3.足に合ったいい靴を長く履きましょう。安いけど足に合わない靴をいっぱい持っているより、多少高くても足に良く長く履ける方がいいのではないでしょうか?

先ほどの話にリンクしますが、僕は全面的に賛成です。どんどん買って履いて捨てて、と言う時代は終わってます。今は少量購入ですよね。少ない足数だからこそ足に合わない靴を買ったら最悪。ぜひじっくりと相談しながら選んで購入し、修理したりメンテナンスして長く履いていくような靴文化にして行くべきではないでしょうか。(靴を選ぶときはぜひ時間をかけてもらいたいです)

いろいろ考えさせられる林美香先生のトークショーでした。


   上級シューフィッター 健康ウオーキング指導士   林 美樹
posted by ミッキー at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: