2018年04月25日

銀面の酷い剥がれにはコレを使ってます。其の2

ブログを見ていただきありがとうございます。

何度かご紹介させてもらっていますが、今回もサフィール レノベイティングカラーを使った補修例をご紹介します。

靴.jpg


靴2.jpg


きれいに銀面の塗装がはがれてしまっています。
乳化性クリームでは色ものらず補修できません。

靴8.jpg
そんな時は.....これに頼ります。

靴だけではなく、革製品全般に使用できる優れものです。
コロンブスのアドカラーと比べると、柔軟性が高い印象です。
ニュートラルも含めると、全48色あるのも嬉しいですね。
絵の具のようにまぜて使うことで、色合わせの幅はぐーんと広がります。
今回は、ダークブラウンを使いました。
最初は水を少なく使用し、仕上げに近づくにつれ薄めていくのがコツです♪

ベース作業の次は、クリームとワックスで磨いてあげてください。
今回は、コロニル1909SUPUREMEクリーム(TAN)とサフィールノワールポリッシュ(ネイビーブルー)で仕上げました。


靴3.jpg
靴4.jpg

レノベイティングカラーの通販感想コメントを見てみると、
色合わせが難しいといった声もちらほらありました。
茶色といっても何色もあるのでベストのカラーを1色に絞るのは難しいかもしれません。

修理屋目線でいうと....
近い色を3色ぐらい買っておく。
別の修理依頼の時にばっちり色が合ったらめちゃくちゃうれしい。笑

手持ちのクリームが増えることは、技術の上乗せと同じと考えてます。
修理やお手入れのプロであれば、どんどん増やしていきたいですね♪


[No.44] シューフィッター 小縣 俊介

posted by シュンスケ at 14:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: