2018年05月05日

足ゆびの動き・・あおり歩行、扁平足ぎみ、足関節の動き


子どもの足ゆびの動きをみると成人のその動きはかなり少ない。 靴を履いてしまうからでしょうか? ついつい「常に控えめにしているのが足ゆび」などという表現になりやすい。
実際鼻緒のある草履などを履くと足ゆびは相当動いている。 今回は最下位で踏ん張っている足ゆびにスポットを当ててみたい。

足の中で力が入るところは足ゆびだけと言っても過言ではないが、意外と気がついていないようだ。 ゆびに力が入りにくければ歩幅は狭くなりすり足になる可能性がある。
そんなことは成人であれば誰でも承知しているはずですが、靴選びになると細いトウ(靴のつま先)を選んでしまう。 靴を履いているとき足ゆびに痛みが出てもトウの太い靴に変えようとする人は少ない。

IMG_0001 あおり歩行.jpg
ところで、足ゆびの動きを考えるとき、トウ(つま先)の大きさばかりを考えがちですが、実はあおり歩行の利きやすい靴もつま先の動きに大きく関係する。 靴を履きながらあおり歩行とつま先の力をみることはむずかしいため、靴の話などではぞうきん(ハンカチ)絞りをして頂きながら理解を得ている。 例えばハンカチを縦に持つと力が強く入り絞りきれる。 今度は横に持つとどうでしょう。 絞りが弱くなりその後の乾燥に時間がかかってしまう。(話がそれるが最近の若い人は横絞りが多いように思われる) 
この差は何でしょう?  絞る時小指の方から力が入るかどうかの違いです。 縦に持つと小指から力が入りすべての指に力が入る。 横に持つと親指から力が入ってしまい他の指に力が入りにくい。 あおり歩行ができると第五趾から力が入り蹴り返しが強くできると理解している。
靴選びの最終関門はあおり歩行のできる靴、この見極めは大事です。 

次に踵骨が内側に傾く外反扁平足ぎみの足は力が入りにくくなる。 扁平足ぎみになると足は前滑りしやすく、さらにつま先は外側に向きやすい。 そのため力が入りにくく第五趾(こゆび)が痛くなることが多い。 何としても土踏まずを元のような高さに保つ必要が出てきます。  


DSC02102.JPG
図は足首を回したときのつま先の軌跡です。つま先だけの動きではありませんが知っておくことは大事なことです。
40歳ごろから足関節の動きが小さくなることを示しています。 特に上下より左右の動きが小さくなっています。 子どものとき十分な運動をしなければ、図のような動きはさらに小さくなることが予想されます。〔図は ひ弱になる日本人の足 近藤四郎 草思社〕

つま先の動きが弱ると姿勢もとりにくくなり血液の循環にも影響を及ぼす。 

シューフィッター 【大木 金次】

posted by シューフィッター at 00:00| Comment(0) | 足と靴の環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: