2018年04月10日

高齢者の足と靴

今年の桜の開花が随分早く、驚きました。
でも、気温差激しくて寒い日も多くて困ります。
こんな年は、身体も冷えますのでご注意ください。
新学期が、スタート。「上履き」の用意が必要です。
子どもの学校の「上履き」、サイズも変わっていることが多いです。
点検をして買い替えが必要です。
子どもさんの足にしっかり、ぴったり合っているでしょうか。
「上履き」は子どもの学校だけでなく、高齢者のディサービス、高齢者施設でも必要です。
軽い・柔らかいものを探される方が多いのですが、ちょっと考えてみましょう。
例えば、高齢者の方がデイサービスなどで、10時〜3時まで履くと、外出時の靴を履いている時間より長くなります。
外出時の靴は、しっかりした靴を選ばれる方も、「上履き」となると軽く・柔らかい・脱ぎ履きがしやすい靴を選ばれます。そのことで足の不具合が出ることも多々あるのです。
すり足でしか歩けない「上履き」は身体が揺れ、歩幅も狭くなります。背中も曲がってきます。
しっかりした靴を履いて室内も綺麗に歩く努力をすると、身体も心も気持ち良いのです。
綺麗に歩くことはできない方も増えてきます。
個人差が大きく、それぞれの方の状態で考えることが必要です。
足の不具合は、小さなことの積み重ねで良くもなり、悪くもなっていきます。

30441591_1821919947875124_5887586850628960256_n.jpg
子どもさんも同じです。家に帰ってからの時間より学校で過ごす時間の方が長いです。
写真の靴は上履きですが、底材もしっかりしています。足にもフィットします。重さもある程度あり外履きと変わらない靴です。
子どものサイズも大人のサイズもありますので、大人の上履きにすることもできます。
勿論、価格も外履きの靴と同じようになります。
長時間履く「上履き」はしっかり選んびましょう。
30414520_1821919764541809_5424967857228218368_n.png
曲がっている「上履き」は、できれば避けて頂きたい「上履き」です。
グニャグニャと曲がる靴は長い時間履くと疲れます。
転倒予防のためにもしっかりした「上履き」選びをしてください。
桜の次に、藤や、牡丹など綺麗なお花を見に出かけ、歩くことで体力作りをして欲しいと思います。

上級シュフッター 池川成子




posted by k-burogu at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: