2018年03月28日

足病医がプロデュースしたハイヒール

今回は少し宣伝も入っちゃいますが(^^ゞ新しくそごう横浜店で限定発売になった7pピンヒールのパンプス(1型5色)についてお話ししたいと思います。
!cid_01@180221_044815.jpg

2年前の春にニューヨーク・マンハッタンでクリニックを開設している足病医の林美香先生と知り合いました。(偶然ですが僕と一字違いです。もちろん親戚ではありません)
足病医と言うのは日本ではあまりなじみがないですが、アメリカ独自の資格で簡単に言うと膝から下のトラブルをすべてケアする専門医です。アメリカでは足・脚のトラブルは足病医のところで診てもらうのが一般的だそうです。日本人で足病医の先生は10人いるかいないかとの事です。

林美香先生は日本生まれ日本育ちですが今はアメリカ国籍を取られニューヨークで生活しています。ちょうど来日中でそごう横浜店で僕が開発したハイヒールパンプスを買っていきました。
その後その靴の履き心地の良さに驚かれ、僕に協業を提案してきました。実は先生は女性と言うこともあり、ハイヒールで楽に履ける靴を探していたのだそうです。しかしなかなか見つからないので自分でプロデュースすることにしアメリカ、日本はもちろんイタリアにまで協業してくれるメーカーを探しに行ったのですが、断わられたり思っている靴ができない事が続いていました。僕と組めば長年の夢が実現できるかも!ということで提案されたそうです。
たまたまその直後、僕がプライベートでニューヨークに行くことが決まっていたのでさっそく先生のクリニックを訪ね先生のお話を聞きました。整形外科の医師は男性が多いこともあり、ヒールの靴なんかはいちゃダメ!で終わることが多い。でも女性はきれいなパンプスを履きたい、何とか医師がすすめられることができるパンプスを作りたい!と言う先生の熱い思いをヒシヒシと感じました。

即協業を決意し、僕が高く評価している浅草のメーカーにお願いしました。このメーカーは小さいながらもヒール靴を作ったら日本一だと僕は確信しているところです。
木型はそのメーカーの持っている物の中から開張足に向いている(前に滑りにくく脱げにくい、さらに踵が細い)物を僕が選びさらに改良を加えました。インソールは先生が考案した独自のものを入れました。
そして先生の一番のこだわりのきれいに見える、エレガントである、という要素も重視し何回か試作品を作り今回ようやく先生のGO!が出たことにより販売にこぎつけました。この間先生は何度か来日してくれて試し履きを繰り返してくれました。また先生本人の名前のブランドも特別に作っていただきました。林美香先生の執念の結晶です。ブランド名「ドクター ミカ エイチ ニューヨーク」

詳しい靴の仕様に関しては以下を見てください。
http://c.sogo-seibu.jp/mail/u/l?p=SNsxuLYNQIev5Vm60hogCQZ

16日に販売を始めましたが37,000円(税抜)の価格にもかかわらず10日で6足売れています。履いた方からは「前に滑らない!」「7センチのピンヒールに感じない!低く感じる、楽!」などのお声も頂戴しています。
ハイヒールだから足に悪いのではなく、選び方、履き方に問題がある、と前から僕は主張しているのですが(この共有ブログの永田さんもおっしゃっていますよね)それが実感できるのではないかと思います。

林美香先生は今回来日し、そごう横浜店で3回ほど講演をしてくれます。売り場で行いますので参加費は無料です。この靴の開発秘話も出ると思いますので、時間がある方は是非お立ち寄りください。
4月1日(日)4月7日(土)4月8日(日) 毎回15:00から15:30。

また4月6日(金)に銀座にある足育研究会の「足ラブサロン」でもお話しいただきます。こちらは参加費1000円です。以下のHPからご確認下さい。
http://www.sokuiku.jp/ashilove-salon.html#03

  上級シューフィッター  林 美樹
posted by ミッキー at 00:00| Comment(0) | 靴と足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: