2018年03月20日

世界の靴『タイの靴』

各地で桜の開花が出てくるこの頃、そろそろ春の気配を感じます。
今回は『タイの靴』をご紹介します。タイは日本から飛行機で6時間ほど。私もだいぶ前に訪れましたが、雨期の時期、スコールはとてもすごい雨だったのを覚えています。あとは一年を通して、日本の夏のような暑さが続き、陽気な感じの国のイメージです。暑い国はやはり開放的な靴が多く、スリッポンタイプや、サンダルが多かったような気がします。

インターネットで情報を調べてみると、タイの方はとても靴が好きな方が多く、日本の「オニツカタイガー」はとても人気があるそうです。(日本でも人気ブランドの一つですね)
タイ独自の靴ブランドを調べてみると、「mywarisa」(マイワリサ)、「Ballet Shoes」などやはり開放的なスリッポンタイプ、バレーシューズが多く見られます。
各ブランドの特徴は「mywarisa」はフラットなシューズが多く、リーゾナブルな価格の靴。「Ballet Shoes」は女性向けのオーダーメイドのダンスシューズを作り続けた老舗のメーカー。現在はファッショナブルなシューズを販売されており、カラフルなバリエーションが特徴です。タイの道はまだまだ整備が行き届いてないところも多く、凹凸も多いのですが、滑りにくく、耐摩耗性に優れたソールを使用。女性には嬉しい靴のようです。
それでもやはり雨期の時期は突然雨が降るので、雨に対応できる靴が一番かと思います。
もしタイに行かれるときは気候に対応できる靴がおすすめです。

それでは次回もまた世界の靴をお楽しみください。

上級シューフィッター&フースフレーガー 藤井恵
posted by ベーター at 00:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: