2018年03月15日

Leather Reveal No.3 革だけど、菜っ葉?

靴や鞄などに使われる、革。
英語では「Leather(レザー)」の他に、革の加工や動物の種類によって、呼び分けをしています。

日本でも呼び分けをしていますが、俗称もあり、少し混乱しているようです。

例えば「バックスキン」、起毛素材をそう呼ぶ事があります。
buck(バック)とは牡鹿のことで、起毛していてもスムースレザーでも、「buckskin」だそうです。
スエードなどの起毛革は革の裏側の起毛部分を使うので、「back(裏)」のつもりでそう呼ばれるのでしょう。

柔らかいスムースレザーを、「nappa(ナッパ)」と呼ぶことがあります。革なのに、菜っ葉?
これも、元はアメリカのnapa(ナパ)に因んでの名前だそうです。ナパはカリフォルニアにある、ワインの産地としても名高い所だそうです。
さて、ナッパ・レザーは、元は手袋などに使われる、柔らかい羊の革を指していたそうです。
今では、柔らかい加工を施して、もっちりとした質感の、少し厚みのある牛のスムース革を指すことが多いようです。

次回は革の呼び名を引き続き考えてみたいと思います。


参考サイト
http://dictionary.jlia.or.jp/detail.php?id=1287
http://hashimoto-shoten.com/2014/09/04/22/

上級シューフィッター、ウォーキングマスター、レザーソムリエ
永田聖子
posted by kemix4 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: