2017年06月28日

外反母趾になる理由2

前回の続きです。
革靴、ヒール靴を履かないのに何で外反母趾になるか、という考察です。
実は僕も左足のみ外反母趾なんです。はっきりしているのは、この状態は2007年ころから起きたということです。それまでは外反母趾でなかった。シューフィッターですから靴にはもちろん人一倍気をつけていますし男性ですからヒール靴も履きません(笑)ではなぜなったのか。

このような説があります。前回お知らせした江戸時代の人で外反母趾がいた!という話の中でどうやらその方は武士だったらしいのです。なぜ武士が外反母趾?
武士は太平の世といえども訓練はします。その中で居合抜きの訓練というのがあるそうです。それは片膝をついた状態から膝を伸ばし起き上がる、という動きを繰り返すとの事。アッと思いました。
b450e_1574_33ecd674614ea114aac27bb7c710be21[1].jpg

ほほえましい写真ですがこの男性の状態がまさに片膝をついている状態です。この後立ち上がるという行動が足の親指に悪影響をもたらすとの考察があるんです。

実は僕は2002年から婦人靴売り場の専門職になり毎日20人以上の接客をすることになりました。売り場では接客時に片膝をつく、という決まりがあるのでこの動きをずっと毎日続けてきたのです。
さらに体にゆがみがあるのでいつも左足をついてきたのです、その方が楽なので。
まさにこれは写真の状態、そして居合抜きの状態ではないでしょうか。

外反母趾になる素質があり(前回話しました)生活習慣でこのような動きを繰り返すと外反母趾になりやすい、という説は僕がそれによって外反母趾になったので信憑性があります。
ヒール靴だけが悪者ではない、今回見たミャンマーバガンの朝市の女性もビーチサンダルでそのような動きを繰り返してきたのかもしれませんね。これについて決定的な研究・資料があればぜひ教えてください。
今回の話はあくまで一つの説にすぎないのですが僕の中では有力な説です。

   上級シューフィッター   林 美樹
posted by ミッキー at 00:00| Comment(0) | 靴と足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: