2017年05月28日

外反母趾になる理由

先日、プライベート旅行で友人とミャンマー(ビルマ)に行きました。ちょうど暑期に当たり日中は35度を超える気温でびっくりしましたが、体調も崩さず楽しく旅行できました。特に世界三大仏教遺跡であるバガンは、パゴダ(仏塔)や寺院が目白押しで素晴らしかったです。軍政が長くアジア最後のフロンティアといわれているだけにほとんどの皆さんは知らない国でしょうが、最近では日本の企業も結構進出しています。うちの売り場でもミャンマー製の靴も販売しています。仏教徒が多く識字率も高く人懐っこい国民性は高く評価されているようです。今後注目される国になると思います。

ところで、そのバガンの朝市を見物している時に気が付いたことがありました。野菜を販売している女性の足が完全な外反母趾だったのです。

DSC_0693 - コピー.JPG

写真の通りかなり悪くなっている状態なのですが、これだけならばそれほど珍しいことではないでしょう。ところがミャンマーの人の履物を知るとこれが???に変わるのです。常夏の国ミャンマーでは革靴を履くことはあまりないとの事、ほとんどは下の写真の通りサンダル、それもビーチサンダルです。

DSC_0913 - コピー.JPG

バガンの朝市の女性も年配の方でしたが今までの人生、ほとんどビーサンで過ごしたのではないかと思います。それが強度の外反母趾!!外反母趾って革靴が合わなくてなるものではなかったの?という疑問を持つ方も多くいるのではないでしょうか。

以前聞いた話なのですが、江戸時代の人の中に外反母趾の人がいた!という話があります。東京の南千住に江戸時代の罪人の処刑所がありそこで処刑された罪人はそのまま葬られたとの事。現在でもそこからは人骨が出てくるそうです。その人骨を調べた方がいてなんとその中の外反母趾の骨があったというのです。
江戸時代は絶対に革靴を履くことはなかった(維新直前は別として)わけですから靴を履かなくても外反母趾になることはある!ということなんです。
どうやら外反母趾は素質と生活習慣が大きくかかわっているようです。生活習慣の中に靴は入ってきますね。素質というのは体が柔らかい、すなわち靭帯が緩い、ということです。体の柔らかさはは遺伝しますから、親が外反母趾だと子供もなる可能性を秘めているということなのでしょう。

ところでバガンの女性がビーサンで、江戸時代の人が草鞋や下駄で、外反母趾になった理由はなんでしょう。(ビーサンや下駄が悪いという意味ではありません)
これに関しては一つの考察がありますので次回に取り上げてみようと思います。あくまで一つの説ですが・・

  上級シューフィッター  林 美樹
posted by ミッキー at 00:00| Comment(0) | 靴と足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: