2017年05月20日

世界の靴『スペイン編』

今回はスペインにスポットを当ててみたいと思います。

スペインへはまだ行ったことはないのですが、まず思い浮かぶのがガウディの建築物「サクラダ・ファミリア」、食べ物だと「パエリア」、革製品では上質の革を使った「LOEWE (ロエベ)」などあります。あと日本でもメジャーになっている、ファストファッションの「ZARA(ザラ)」もスペイン発祥です。

スペインの靴で一番好きなのが「CAMPER(カンペール)」(カタラン語で「農夫」の意味があるそうです)。古タイヤを加工したソールを、キャンパス生地に縫いつけた「カマレオン」と呼ばれる靴は、とても印象深いものがあります。靴のデザインもそれまでになかった感じだったので、日本にブランドが浸透しました。今ではいろんなタイプのデザインで展開されてて、毎シーズンデザインを見るのが楽しみです。

スペイン生まれの靴デザイナー「MANOLO BLANIK(マノロ・ブラニク)」は、とてもエレガントなパンプスで有名ですし、スペインのシューズブランドの「CHIE MIHARA(チエ・ミハラ)」は、ブラジル生まれの日系2世で、女性のための靴をデザインしています。

2015年に訪れたパリで出会った靴「CARMINA(カルミナ)」は、スペインのブランドの靴でした。
店頭に伝統的なデザインの紳士靴がたくさんあったり、グッドイヤー製法の分解見本が飾ってあったり。思わずお店に入ったのを思い出します。CARMINA(カルミナ)は優れた品質の革を使っている割には比較的リーゾナブルな価格なのにびっくりしました。

スペインの靴を色々と調べていくと、是非訪れてみたい国の一つになりました。

今回も私の好きなブランドを中心に投稿させていただきました。
世界の靴まだまだ続きます。

上級シューフィッター&フースフレーガー  藤井 恵


posted by ベーター at 03:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: