2017年05月15日

悪魔のトリセツ No.72 靴を脱ぐ生活だからこそ。

履き物は、「閉塞性履物」と「開放性履物」に分かれます。
靴は「閉塞性履物」で、足を覆うように作られています。草履やサンダルなどの「開放性履物」は温暖な地方で発達したのに対し、「閉塞性履物」は寒冷地で発達しました。

西洋では、居住空間でも靴を履いたままなのに対し、日本では、昔から主に「開放性履物」である草履など、足の甲を覆っていない履物が使われてきました。住居が高床式で床下から湿気を逃す構造であり、生活空間では履き物を脱ぐため、着脱しやすいことを優先した履き物が日常的に使われています。(それでも、旅に出るときや農作業など、長時間歩く時は、履き物と足首に紐を結わえるサンダルの1種である、「草鞋(わらじ)」が使われていました。)

靴が日常的に使われるようになったのは近年のことですが、靴を着脱するライフスタイルは引き継がれています。

つまり、歩くことを前提に造られている靴を、脱ぐことを前提に使っています。
ここに、足のトラブルの一因があります。

さて、「閉塞性履物」である靴。爪先が閉じているため、足の趾(ゆび)も閉じ込められています。靴は、足の趾にとって逆境と言えます。前回に書いたように、靴底に添って立ち上がる靴の甲革の側面が、足の趾の動きを邪魔してが上手く動かせないのです。特に、パンプスやスリップ・オンは趾も使って足を靴に固定するのでなおさらです。

しかし、靴のお陰で助けられていることが多々あります。

直接、地面に触れることがなくなり、感染症のリスクを劇的に減らすことができました。

暑い夏の昼間に、焼けたアスファルトを裸足で歩くと火傷してしまいます。 サンダルと違って、甲に日焼けの痕も付きません。

足の裏に、しっかりした底が出来て、歩く力を容易に地面に働きかける事ができるようになりました。

靴のデザインは、そのときの気持ちを表すアイテムとなりました。お悔やみの気持ち、お祝いの気持ち、お客様への感謝の気持ち、その他、諸々。

靴を脱ぐ、脱がないの習慣の違いからおこるリスクとメリットを良く理解して、上手に使いわけましょう。

上級シューフィッター 永田聖子

posted by kemix4 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: