2017年05月01日

悪魔のトリセツ No.71 ソコの話

靴にサイズ表示がありますが、それは、言わば「ヌードサイズ」表示です。

日本のJIS規格に基づいた表示の靴に「25」と書いてある場合、足長が248ミリ〜252ミリの人が足を入れて、少し先に余りが出るサイズなので、靴の中の長さの表示ではありません。それは、260ミリかも知れないし、280ミリだったり、もっと長いも知れません。
足囲も、「3E」と書いてあるとき、その靴の木型のボール位置(おやゆびとこゆびの骨のつなぎ目側の甲の骨の先端の、一番出っ張っている所)の周径の事で、幅ではありません。
幅の細い3Eや、幅広のEもあります。

トウボックス、つまり、くつ先の前芯(さきしん)の部分の厚みも、表示がありません。

足の中ほどから踵回りにかけての大きさも、表示がありません。

足囲と足長は、靴を足に合わせる時の、最も大切な情報の一つですが、それだけでは足りません。
その、表示されない情報の一つが、爪先の形です。
靴の上から見るとき、たいていの靴には紐や飾りなどが付いていて、アウトラインがよくわかりません。爪先をタイトに小さく見せる工夫がしてあるものは、なおさらです。

そこで、私達シューフィッターは、お客様の希望に合わせて靴選びをお手伝いするとき、足長や足囲だけでなく、靴底の形など、表示にない情報を参考にします。
このように、シューフィッターだけでなく、靴の販売をしている人は、経験や勉強をして、表示されていない情報を、靴から読み取る努力をしています。

ところで、靴は靴底の形に合わせて、甲革(アッパーと呼びます)が形作られることになるので、その靴を履くということは、そのような形に足の形を整える、という事になります。
爪先をほっそり見せるためには、靴底の形を細く作れば良いのですが、そうすると、足のゆびは動きにくくなります。
例えば、幅の狭い3Eの靴は、スタイル良く見えますが、幅の広い足に対して、そのままでは爪先が窮屈で、動きにくくなります。その狙いは、甲の高い人が履きやすいようにということでもありますが、幅の広い足をほっそり演出することです。足を入れると、靴の幅は横に引き伸ばされ、潰れてボール部が低くなり、あしのゆびが動き回るうちに、革が馴染んだり伸びたりして、底の形から身体の必要な部分が必要なだけ、「こぼれて」いきます。しかし、底の形は決まっているので、爪先の芯の入っているトウボックスの形は変わらないため、ほっそりしたイメージは保つことができます。

身体の形と靴底の形の相性があるので、履き馴染むまでの時間や、動きやすいかどうかは、それらの相性に因って異なります。自分の身体の形と違う物ほど、慌てないでゆっくり時間を掛けて馴染ませるよう、心掛けて下さい。


私たちは、お客様の着用されるTPOや、 歩き心地や履き心地のお好みなど、様々な条件をお尋ねしながら、お店の在庫品の中からそれに近い物を選んで提案しています。
しかし、何と言っても「見た目」は大切。自分の理想の爪先の形に目を引かれますね。その場合、靴の形に足を合わせる事になるので、いつもの靴に比べると、機動力が落ちたり、苦痛が増したりすることを覚悟しなくてはなりません。それを踏まえた上で、履き替え用の楽な靴を持って出掛けるなどの工夫をおすすめします。

それでも、「足に合う靴」より「足の形と違う靴」こそ、履きたい靴ではありませんか?

靴の裏を見てごらんなさい。あなたの理想の足の形が、そこにあります。

上級シューフィッター 永田聖子
posted by kemix4 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: