2016年08月01日

悪魔のトリセツNo.53 足は脚から生えている


 足は、脚から生えている。
 至極、 当たり前の事ですね。

 ところで、靴選びの時はデザインに気を取られて、歩きやすさを忘れがちではありませんか?
 パンプスを美しく履くには、「運転技術」と、体力が必要です。
より上手にパンプスを「運転」しやすくなるコツを、タイトルに込めました。

 一般的なパンプスは、爪先と踵を捕まえて、足に、靴の底をくっ付けています。
 足のゆび先は融通性に優れていますが、それがパンプスを履くうえでは弱点となります。いくらでも小さくまとまってしまうので、長距離を歩くうちに、パンプスの中で圧縮されてしまうのです。
 袋状の靴下、特にストッキングなどの、素材にナイロンを使っている物は、靴と靴下の摩擦を排除してあるので、なおさらです。
爪先を握ってしまうと、足の縦の長さは当然短くなり、靴の中の前方に偏り、結果、足の踵と靴の踵の間に大きく隙間が空いてしまいます。足を持ち上げようとしても、靴の踵だけが、ぱかぱかと遅れてついてくる原因のひとつです。

 そこで頼りになるのは、シューズベルトです。シューズベルトとは、靴に着ける、ゴムなどでできた小さなベルトで、ベルトの付いていないパンプスに使われます。
ダンサーが着けて踊っているのを見たことがあるかもしれません。
このシューズベルトを、なるべく足首に近い位置に止めると、劇的に歩きやすくなります。足が、足首から生えているからです。
パンプスを長時間着けなくてはならない場合、どうしても足が前滑りしてしまいます。シューズベルトは、そんなときの頼もしいお助けアイテムです。しかし。

パンプスは美しく装うためのアタッチメント。ずっと同じ靴を履くより、途中で違うデザインの靴に履き替えたり、出先に中敷きなどを持参しておいて、調整するのが基本です。

 歩きにくいのは、靴ばかりが原因ではありません。使い方を見直して、楽しく、安全に歩いて下さいね。

          上級シューフィッター 永田聖子



posted by kemix4 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: