2021年08月20日

フットケアと靴 No36.

お盆ごろから続く長雨。各地でいろいろと被害が起きております。皆さま気をつけてお過ごしください。

足の環境が良くなると、足のトラブルが少なくなります。でも履物の環境に制限がありすぎると、我慢ができないこともあります。今回のフットケアと靴はそんなお話を投稿させていただきます。

フットケアにご来店のお客様は癒しを求めてこられる方より、99%が足に何らかのトラブルがあり、改善を求めてご来店されます。足のトラブルは90%が靴の影響で起こると言われてます。フットケアで巻き爪、タコ・魚の目、爪のトラブルなど改善しても履物の環境が悪いとなかなか改善しません。(*病気や怪我などで、改善しない場合もあります)
トラブル改善したい方はフットケアを受けたり、足にあった靴、もしくは中敷を作られて、靴下も新しく購入されます。そうすることで、足の環境が良くなり、フットケアと合わせて靴や靴下でトラブルが改善できます。
でも改善できる靴、靴下にはデザインの限りがあり、なかなかおしゃれができないこともあります。特に女性の場合はそのお悩みが多いように思います。

女性は男性と比べてTPOに合わせていろいろ靴を合わせたいし、足を綺麗に見せたいということもあり、パンプスやおしゃれな靴を履くことも多いと思います。仕事でも女性の場合はパンプスを履かないといけないなど、履物の環境を制限されることも男性に比べると多い感じがします。

フットケアをしていると初めは履物の環境をちゃんと整えて、足に合わせた靴を選んで履かれるのですが、だんだんと足の環境が良くなるともう少しおしゃれな靴を履きたいと思う方も多く、相談を良く受けます。

良くなった足の環境を整えるための靴のアドバイスとして
1:足に合った靴選びの中でも靴の色の選び方を変える
*靴ひもの色を変えるだけでも見た目の雰囲気が変わります
2:靴下の色や、柄、デザインを変えてみる
3:日頃は足の環境をちゃん整えて、いざという時におしゃれな靴を履く
(*ただし、基本は足に合ったおしゃれな靴選びをすること、日頃のストレッチなどで体幹の筋力を保つことが大切です)

IMG_1345 2.jpg
写真は仕事で履いている靴ですが、一般的に「コンフォートシューズ」と呼ばれる靴です。靴の素材の柄がちょっと変わっていて、靴ひもの色をピンクにしています。靴下はアクセントで白よりもカラー色を合わせています。このように色や柄が変わるだけで、見た目の感じが変わリ、足にも負担がなく履けます。

最近はコンフォートシューズ、スニーカーなどもいろんな色や、デザインも多くなりました。靴下も機能性を保ちながら、カラフルな色やデザインのものも多く見られますので色々と探してみるのも楽しいと思います。

そして「足に合った靴選び」はなかなか自分ではわからないと思います。ぜひシューフィッターにご相談ください。
シューフィッターがカウンセリングをして、お客様にあった靴選びをしていただけますよ。


上級シューフィッター&フスフレーゲマスター 藤井恵


posted by ベーター at 10:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする