2021年06月01日

悪魔のトリセツ No.128 マルキ・ド・サドと澁澤龍彦と、渡辺一考さん

試合に負けたが勝負に勝った人、
澁澤龍彦。
彼を知らなくても、
マルキ・ド・サドの名を知る人は多いでしょう。

私が強くハイヒールに惹かれたのも、澁澤龍彦の物語や随筆を読んだ影響かもしれません。

渡辺一考さんは、澁澤龍彦を世に知らしめた方なのに、そのお名前さえ存じ上げず、かつてご町内にてお会いできた奇跡に驚いています。

渡辺一考さんの自己紹介を、ここに引用させていただきます。

ところで、以前、我が家に回覧板を回して下さってたのは「霧島」というお料理屋さんで、九州の霧島連峰に因んだお店でした。
霧島さんがお辞めになったあと、
「ですぺら」という、お洒落な看板が揚がって気になっていたのに、そのお店が渡辺一考さんのお店だというのに、閉店される事を新聞で知るという、ギリギリ滑り込みセーフのご縁でした。

渡辺一考さんのブログ、
「ですぺら通信2.0」の一部を更に引用させていただきます。



さて、靴はアタッチメント。
主体は貴方の体。

気候などの環境に起因する文化や習慣が各地に伝わるうちに、その違いがねじれて絡まって困難が生じるのです。

ハイヒールもスニーカーも、
アタッチメント。トリセツは人それぞれに違って当然と思います。
シューフィッターは、
靴選びのナビゲーターで、カウンセラーでもあるのです。


上級シューフィッター・ウォーキングマスター・レザーソムリエ ・ヨガインストラクター
   永田 聖子

追伸:
その「ですぺら」跡は、
白い半紙大の木に、黒々と、女将さんご自身で揮毫された
「綾き」(あやき)さんという看板が揚がっています。
まだ休業中のようです。

posted by kemix4 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月05日

体幹を鍛えている動物はいない

先日シューフィッターを対象とした補習講座が開催されました。
テーマは、「シューフィッターが知っておくべき足ゆび機能の知識」です。 
講師は橋間 誠 先生(日本整形外科学会スポーツ医 医学博士)です。
006 健康 (1).JPG

2億年かけて「ゆび」は体幹の安定のスイッチに進化している。 地面についているのは「ゆび」だけ、手首もかかとも地面から浮いているのが動物、 動物は常にゆびを使うため「体幹を鍛えている動物はいない」とお話頂きました。
この頃はつま先(足ゆび)が余り使われず体幹がゆるんでいる人が多いと先生は指摘されています。 
そのような現象の一つが「浮きゆび」で、多くの方に見られるようになってきました。 

浮きゆびになると、当然なことですが力が入りにくく、その結果良い姿勢を保つことがむずかしい。 しっかり歩行をすることも大変、そして上に記しましたが体幹に影響が出てきます。 
人は踵が地面につき二足歩行をすることで、手が器用になり、大きな脳に進化したと言われています。 しかし靴という履き物を履いたことで足ゆびの動きが制限されやすくなっています。

先生から、手指でテーブルを押すと体幹に力を入ることがわかりますと促されました。 確かに体幹がしっかりします。 足の第一趾と第二趾に力を入れると前に倒れない、それは内ももの筋肉に力が入るから。  第四趾と第五趾に力を入れると後ろに倒れない、お尻の筋肉に力が入るから。
ゆびで立っているから体幹が鍛えられ、上半身がしっかりするのですとご教示いただきました。

靴選びのポイントは何といっても「つま先余裕」です。 土踏まずや踵周りも大事ですが、しっかり歩くためにはつま先に力が入ることです。
なぜ靴に「つま先余裕」が必要なのか? このような身近な疑問に改めて気づきを得ることができました。 

体幹の重要性は動物も人も同じです。 人は二足で立ちあがった以上、とりわけ体幹の維持について常に考えておく必要があります。
高齢になると円背の姿勢が目につきますが、最近は子どもの姿勢についても指摘されるようになってきました。 「足に靴を合わせる」という靴選びのフィッテングはとても重要なことです。 

シューフィッター 大木金次 

posted by シューフィッター at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月10日

高齢者の足と靴

今年が聖徳太子1400年遠忌ですので、奈良国立博物館で特別展が開催されています。
48歳までおられたとのことです。
その頃の寿命から考えると長生きされたことになるのでと思います。
法隆寺に安置されている多くの仏像が展示されていました。
その中の立像のほとんどが、肉付きの良い「足」をされていました。
たくさん歩いているようではありませんでしたが、身体と足のバランスはとても良いように感じました。
食生活も、身体状況に当然影響いたします。
充分な食生活であったとは言えない頃だと思いますが、しっかりした体格の立像を前に見惚れてしまいました。
ついつい足を見ます。
人々に多くの教えを、残され、慕われた聖徳太子の「足」
いつの時代も土台は大切です。
建物も、身体も土台に目を向けて、力強くあって欲しいと思います。

高齢者の運動不足が気になる、コロナ禍ですが、予防注射が行き届く頃には、ぜひ、運動の再開をして頂きたいと思います。
脚の長さの違う方は、しっかり気をつけて歩いて頂きたいと思います。
足元の頼りなさは、やっぱりあるのです。
脚の長さの違いは靴で調整しますが、重さ軽減のために写真のような穴をあけます。
何g軽くなるのか?
本当に少しの重さなのですが、その努力は大切です。
足や脚、大切にしつつ、工夫できることを探求していきたいと思います。
靴、中敷き、靴下、サポーターなど、ぜひ、ご自身でも探して見てください。

シューフィッター 介護福祉士 池川成子

image.jpeg

IMG_1979.JPG
posted by k-burogu at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする