2020年04月20日

フットケアと靴 No:20

コロナウイルスの影響で全国に「緊急事態宣言」が出され、ますます自宅にいる機会が増えてきています。健康管理も大切ですが、普段と違う生活になり、メンタル面も気をつけてないといけないですね。

この時期は自分を見つめるいい機会だと思います。いろんな物を断捨離したり、部屋を掃除したり、書類整理したり、録画してなかなか見れないビデオ鑑賞、などなど色々。そんな中で「靴と足」の仕事をしている私にとっては、『足を見つめる』いい機会だと思っております。
足はいつも私たちの体を支えたり、心臓から流れてくる血液を戻す働きをしたり、歩いたり、走ったり、移動できるのも足が元気な証拠だと思います。
せっかくの自分の時間、有効に「足のお手入れ」にも使っていただければと思います。

現在「自分でもできる 足と爪のお手入れ」という簡単な冊子を作成しております。
靴には直接関係はないのですが、靴を履く足の環境が良いととても気持ちいいものです。特にこれから暖かくなると、足を出す機会も増えて、サンダルも履くことも多くなるるはず。ぜひケアをして、次の季節の準備をしてみてはいかがでしょうか?

ということで、今回は「足と爪のお手入れ」のお話を投稿させて頂きます。

皆さん「手や足に爪がなかったら?」想像したことありますか?
いまパソコンを打っている私の手に爪がなかったら?、、、、、、
うまくキーボードを打つことができないし、どこを触っているのか?感じにくいと思います。

爪には大きく【4つの役割】があります。
1:ゆび先を守る
2:物をつかむ
  (手で物をつかんだり、歩く時には足のゆびに力がはいり、
   地面をしっかりとけることができます)
3:バランスをとる
  (特に足の爪は体を支える役目もあります)
4:大切な感覚センサー


正しく爪を切ることで4つの役割がきちんと機能してきます。

爪の切り方は一般的に「スクエアオフ」といって、できるだけ爪先は真っ直ぐ切って、爪の端はヤスリなどで少し角を落としてください。
爪切りは刃先が「直刃」といって、まっすぐな刃の形がおすすめです。

足をきれいに洗った後は、足に保湿剤を塗る。できたら爪もしっかりと保湿することをお勧めします。
保湿剤を使って、足と爪に潤いも持たせましょう!

そのほかには足を動かしやすくするために、マッサージやストレッチをお勧めします。
お風呂に入っている時に、足を触ってあげる、ストレッチするなど。あとはテニスボール、ゴルフボール、硬いのがダメな方は、柔らかいゴムボールなどの道具を使い、足の裏をマッサージしてみましょう。家にあるラップの芯でも活用ができます。
足には小さな筋肉がいっぱいあって、それを動かすためには、足の筋肉をリラックスさせることも大切です。

ぜひ家にいることが多いこの時期、自分で「足と爪のケア」をしてみてはいかがでしょうか?

上級シューフィッター&フスフレーゲマスター 藤井恵

posted by ベーター at 17:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする