2020年04月15日

The body whispers words of wisdom No.6 継続は力なり。

 みなさん、こんにちは。 
 毎月15日は、「身体からの、智恵ある囁き」に耳を傾ける日です。 

 さて、このひと月で、みるみるうちに私たちの世界は変わってしまいました。
  まだワクチンも特効薬も開発されていない疫病が、すぐ近くまで迫ってきました。
 他者との接触を避けることが、今は私たちにできる防御方法の一つです。 
 皆さんも、外出を減らす工夫をなさっていらっしゃる事でしょう。 

 家に籠りがちになるので、運動不足にならないよう、エクササイズに励む話をよく聞きます。 
 同時に、筋肉痛に悩まされる悲鳴も聞こえてきます。 
 その痛みは、筋肉に小さな傷が出来ているからだそうです。 
 怪我をしたのですから、治しましょう。 
 傷が癒えたとき、以前より太い筋肉に育つそうです。 
それを治すのは、自分の身体です。 
 生き物の身体はとても便利で、自動的に治癒させるシステムが備わっています。 
 激しいエクササイズはお休みして、良い睡眠を取ると良いでしょう。 
 眠りと、身体の修理をする成長ホルモン分泌との関係には、深いものがあります。 
 そのホルモンは、就寝2〜3時間後の、脳が深く眠るときに分泌されるそうです。

 3日程で筋肉の傷が癒えてくるので、その時を狙ってもっと頑張ると、また筋肉は傷付きます。それを休めて、回復させて、また傷めて…と、週に2回くらい、強い運動をすると、筋肉が育っていくそうです。
 そうです、これは「筋肉を育てる」方法です。 

 もし、「筋肉を落とさない」方法なら、きびしい運動を急に頑張らなくてもできることがあります。 
 有酸素運動、つまり、呼吸をしながら動くことです。 
 ウォーキングはお勧めですが、外出できない今は、ヨガでも、太極拳でも、ゆっくり呼吸をしながら、筋肉をしっかり使う運動などがお勧めです。 
 安全に運動を行うコツは、関節や骨に頼るのではなく、筋肉を使うこと、です。 
 楽をしていては効きませんが、辛すぎても続きませんよね。
  筋肉がプルプルするくらいの体勢を、ゆっくり3呼吸する間保つ程度で、最初は少ない回数に止めれば良いでしょう。
 その動きが楽にできるようになってから、回数を増やして行けば、無理をしなくて済みそうです。
 形や量に惑わされず、自分の身体の様子を見て、どの筋肉にプルプル効いているか感じながら、安全に有効に動きましょう。
「昨日より少しだけ頑張る程度」で、これから毎日、挑戦しませんか? 

 まだしばらくは、我慢が続きます。 
 皆さんのご健康を、心からお祈りしています。 

   上級シューフィッター・ウォーキングマスター・レザーソムリエ      
                             永田聖子 
posted by kemix4 at 11:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする