2017年07月10日

高齢者の足と靴 浮腫

浮腫は高齢者だけのものでは、ありませんが、やはり動く機会も少なくなる高齢者の浮腫の悩みは後を経ちません。
あらゆる方法をとり、努力をされますが、靴を履けない状態になると、とても難しいですね。
皆さんは、靴を何足、持っておられるでしょう。
お洋服に合わせて、行く先に合わせて、色々な靴を購入されることはよく聞きます。
ですが、足の状態に合わせるために、何足かの靴を用意される方は、少ないようです。
足は、時間帯により、足の浮腫の状況も変わります。
その為には、浮腫の状況に合わせて調整できる靴が最適と言えるでしょう。
軽い靴が適しているでしょうか。
浮腫があると、身体も怠く、歩く時間も確保しにくいので、軽い靴を選ばれがちです。
軽い靴は、足の動きの際には、楽かもしれません。
でも、上げるときばかりではありません。体重を支えている間は、しっかりした靴が楽でしょう。
上げるとき、動くとき、接地しているとき、歩くときの足の動きは色々な場面に対応しているのです。

浮腫のために、靴が足に合わずに来店されたSさん。歩こうという意欲があります。
19904682_1507049979362124_983282010_n.jpg
ワイン色の靴にも中敷は、入っていましたが、柔らかいものでした。
足の裏に痛いところが、あり困っているとの事でした。
19755985_1502045103195945_389046444_n.jpg
19758244_1502045079862614_1248951404_n.jpg
3つの素材を使い、中敷を作成、気持ち良くなったようです。
とは言っても、前より気持ち良いという事です。
3週間ぐらい様子をみて、新しい靴も探しています。

Mさんは、靴は難しくサンダルを履いています。
浮腫がきついと、靴が履けません。
早めの対応を致しましょう。
19970572_1507050379362084_1263710374_n.jpg
19849105_1507050709362051_874551407_n.jpg
可愛いバックゴムは、喜んで頂けました。
Mさんは、ずっと靴をしっかり選んでいますが、年齢と共に、浮腫がきつくなっています。
勿論、お医者様の指示のもとに色々な処置や努力も怠りません。

根気よく、足と靴に気を配り、歩くことや、体操することなどは続けて欲しいと思います。
そんな努力も、嫌になる時があります。
靴店の役割は、励ましも必要かと思う、今日この頃です。

災害の地域の皆さまに、お見舞い申し上げます。
程よい雨が降ってくれる事を祈ります。

上級シューフィッター 池川成子




posted by k-burogu at 00:00| Comment(0) | 靴と足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする