2017年06月10日

高齢者の足と靴

梅雨入りをしましたが、今日は晴天で気持ち良い空を見る事ができました。
朝、ウォーキングをしていますと高齢の方に出会います。
残念ですが、体のバランスが崩れている事が多いです。
私達は足に合った靴を履き、2本のポールを持って歩いています。
若い方は、ランニングや自転車などの姿を見かけます。
綺麗な姿勢は見ていて、気持ちが良いですね。
シニアの方々と若い方の違いのひとつの靴!
若い方は色も形も気持ちよく、足に合ったものを探して履かれているだろうと思えます。
シニアの方の靴は、緩めにしめた紐靴、しっかり絞められていないファスナー付きの靴を見かける事が多いです。

体のどこかで、バランスを崩してしまう原因があると色んなところに影響致します。
姿勢が歪みます。
膝や腰、足も痛そうです。

長いお付き合いのSさんは、足の親指のところに胼胝(たこ)ができます。
Sさんはまだ、40歳代です。
ですが、体には歪みがあります。
お悩みも高齢者の方と似ています。
親指のところの胼胝は靴を履くと足が痛く、仕事中も困ります。
支給される靴を履いて仕事をしていましたが、痛いのを我慢するのも辛いので職場に頼んでご自身に用意できる靴を履いて、仕事をする事にしました。
足の第一趾に胼胝ができ、痛くて辛いので、予防のために工夫をしました。
19113187_1475135025886953_882918280_n.jpg19113117_1475135012553621_1149223191_n.jpg19073750_1475134955886960_428379060_n.jpg19075402_1475135035886952_1009532194_n.jpg

自分で用意するので、費用もかかりますが、毎日の仕事時間が楽になりました。
Sさんは子どもの頃から、歪みがありますので、慣れています。
でも、年齢を重ねると、今まで気にならなかった事が辛くなったりします。

バランスの勉強で、「テンセグリティー」を学んできました。
難しい事で、建築物によく使われるようです。
習った事を分かりやすく伝えるために道具を作りました。
19074042_1475134782553644_1034732442_n.jpg
小さな木とゴムがあればできます。
ご説明するときに、使うことがあります。
どこかの部分で、バランスが崩れると、遠く離れているところにも影響を及ぼします。
身体が繋がっていることを改めて、感じます。

シューフッター 池川成子
posted by k-burogu at 00:00| Comment(0) | 靴と足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする