2020年12月01日

悪魔のトリセツ No.122  ハイヒールに教えてもらった「芯」

 みなさん、こんにちは。
  2020年最後の「悪魔のトリセツ」です。
  今年もお読み下さったり、コメントを頂いたり、ありがとうございました。


 いつもなら、クリスマスや忘年会の予定が楽しみな時期のはずでしたが、今年は少し違う様相です。 
 みなさんはいかがお過ごしでしょうか。 

 
 私はハイヒールの出番がめっきり減ってしまいました。 
 その要因のひとつは、自転車を愛用し始めた事です。 
 去年の暮れから、生活の軸がハウスキーピングにシフトし、移動は徒歩より自転車を多用するようになりました。 
 自転車の利点は、徒歩と比べ、スピード感が絶大なのです。 

 ハイヒールを着けて歩くことができる距離も、かなり短くなりました。 
 それでも、足が環境を忘れてしまわないよう、短距離でもハイヒールで歩くよう心がけています。 

 ハイヒールを着けて歩くと、背筋がすっきり伸びて、お腹に自然と力が入ります。 
 紐靴で歩くときも、その感覚を身体が覚えていて、気分良く歩けます。 
 それは、身体に「芯」ができる感覚です。 
 しっかり「芯」を保つと、腰や首への負担が減るように思います。 
 ハイヒールに教えられた、「芯」です。 


 さて、今年は初めての事ばかりの1年で、まさに、ネズミのようにくるくる、とても速く過ぎました。 
 来年は、じっくりゆっくり、余裕の持てる年になる事を期待しています。 
 そして、みなさまの、ご健康とご多幸をお祈りしています。 

 上級シューフィッター・ウォーキングマスター・レザーソムリエ     永田 聖子
posted by kemix4 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月25日

市販の中敷きによるブーツの調整法

先日シューフィッターの補習講座でブーツのフィッティングについてお話しする機会がありました。
その中でブーツが緩い場合の中敷きによる調整の話が好評だったのでここで取り上げたいと思います。といっても以前にもこのブログで取り上げたことがあると思いますが、これからブーツを履くことが多くなってくる季節ですので改めてお伝えします。

基本的にブーツの緩さは市販の中敷きで調整可能です。
1.歩いた時かかとがカパカパ浮き上がる時は
DSC_1403.JPG
足うらサポートカップ_1500px.jpg
足裏サポートカップ

ハーフタイプの中敷きが有効です。「足裏サポートカップ」できつい場合は「バーマフトゥーラ」が有効です。
また厚みはないですが「ソルボハーフインソール」は少しのゆるみがある時有効です。
bama_フトゥーラ_女性用24_5cm.jpg
バーマフトゥーラ
backyard_dsis6104[1].jpg
ソルボハーフインソール

2.踵は浮き上がらないが、前足部が緩い場合は
「つま先用 ラージ」または「サイズフィッター」が有効です。
P1190008.JPGFS_つま先_レギュラー_ベージュ.jpg
つま先用
P2160107.JPG
サイズフィッターインソール_女性M_クロ.jpg
サイズフィッター

かかとがカパカパした場合に「サイズフィッター」のような全敷きを敷くことが多いかと思いますが、かかとが動く時は全敷きタイプよりもハーフインソールタイプの方がはるかに有効です。ハーフタイプだと甲がしっかり止まり踵が浮きません。また指先まで中敷きが入らないので指先が楽になります。

逆にかかとが緩くないのに前足部が緩いときは、全敷きタイプや前足部のみに敷く「つま先用」などの方が効果的です。
残念ながらオールマイティの中敷きはありません。パンプスやサンダルが緩いときには有効なジェル状の中敷きはブーツにはあまり効きません。
靴種や緩い状態を見てケースバイケースで選びます。このあたりのことはぜひシューフィッターにお任せください。
(今回は多くのお店が取り扱っているコロンブスさんの中敷きを中心に紹介しましたが、同じ機能であればもちろん他のメーカーのものでも問題ありません、念のため)


     上級シューフィッター&健康ウオーキング指導士   林 美樹


posted by ミッキー at 02:00| Comment(0) | フィッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月20日

フットケアと靴 No27.

11月も半ばを過ぎ、紅葉もそろそろ最終の見頃を迎えてきました。冬の準備が必要な時期ですね。
日頃フットケアと一緒に靴のアドバイスもしますが、自分でできるセルフケアやチェックはとても重要です。冬の準備のお手入れとして、覚えやすい足の保湿ケアと靴のチェック方法をご紹介します。

1:足の保湿ケアって?
気温が高いと素足で過ごすことも多く、足のケアもなかなか習慣になりません。でも足はいつも私たちの体を支えています。一生懸命働いている足にも潤い(保湿)を与えることで、皮膚のバリア機能がアップします。(人によって差があります)歯を毎日磨くように、足も毎日保湿ケアを習慣づけてみませんか?
保湿といってもどのタイプが自分に合うのか? 3つの保湿剤の種類を参考にご説明します。

● ジェルタイプ
  塗りやすく浸透も早いですが、保湿力は少し弱い

● クリームタイプ
  塗りやすく伸びもよく、しっかりと塗り込むと保湿効果もアップします

● ワセリンタイプ
  乾燥気味の肌や、ひび割れのひどくなる方にオススメです
  手のひらで少し温めて塗ると、塗りやすくなります

上記のポイントを目安に、自分の足に合った保湿剤を選んでください。

塗り方のポイント
_DSC8815.jpg
このように手のひらに10円玉ぐらいの量をとって少しずつ分けて塗るのがポイントです。(保湿剤の量はあくまでも目安なので、自分の好みや、足の状態で変わります)さっと塗って終わらず、塗っていて手が滑りにくくなるぐらいが目安です。特に足底の固くなるところ、爪先の硬い部分、爪周りなどもしっり塗るのもポイントです。

2:靴のサイズ選びで注意すること
夏の開放的なサンダルから短靴やブーツをよく履く季節は、特に爪先の余裕もチェックしてください。
中敷のチェック.png
写真のように人差し指一本ぐらいの余裕は必要です。(靴のフィッティングの時は「捨て寸」(すてすん)と言って、しっかりと余裕があるのか?チェックすすところです)冬は靴下の厚みも変わるので、自分がその靴を履く時に履きたい靴下でチャックして下さい。

コロナウイルス感染症がまた少し増えてきておりましす。寒くなると窓も締めきりがちで、空気の入れ替えが少なくなります。定期的な空気の入れ替えと、手洗い&うがいは特に重視して、健康で元気な日々をお過ごしください。

上級シューフィッター&フスフレーゲマスター 藤井 恵
posted by ベーター at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする