2023年01月25日

子供のかかりつけシューフィッター

今年初めての投稿になります。今年もよろしくお願いいたします。

さて、今回は先日足育研究会主催の「足ラブサロン」に参加した内容をお話ししたいと思います。このブログで何回もご紹介していますが、足育研究会は皮膚科医の高山かおる先生が立ち上げた一般社団法人で、足と靴の専門家が集まっている団体です。
毎月足と靴の専門家のゲストをお呼びして講演会をしていますがそれが「足ラブサロン」です。今月のゲストは子供靴販売のエキスパートの寺杣敦行さんでした。
寺杣さんは大井町で子供靴の専門店(ジェンティーレ東京)を経営しているのですが、とてもユニークなお店です。子供靴というとスニーカーのような靴を年に何回か買い替えていくイメージがありますが、寺杣さんの店は革靴しか扱いません。それもイタリア製の高級靴。1万円以上の値段です。
それだけでも珍しいのですが、もっとすごいのはひとりのお客さま(幼児子供)に対し1時間半から2時間かけてフィッテイングしていくということです。ただフィッテイングしているだけでなく、靴の調整も行いより履きやすい状態に靴を直しているのです。もちろん説明も丁寧に行います。

足ラブ寺杣.jpg
左から 高山先生、寺杣さん、相手役の和功堂の吉本さん

僕も週に1回はお客様からの要望で子供靴の販売をしていますが、基本的にお客様は子供には安い靴を求めますし(すぐ大きくなるため)また時間もあまりかけられません。正直に言うと本当はそれでは子供に対してよい靴をお勧めできないです。
また残念ながら子供は(大人も)簡単に履き脱ぎできる靴を好みます。簡単に履き脱ぎできるということは、足が靴の中ですぐに動いてしまい疲れや足の痛みにつながってしまいます。それに対してしっかりと説明し納得していただくには時間が必要です。
寺杣さんはそれをすべて実行しているのです、いやそれだけでなくそれを行ってしっかりと商売を行いお店も繁盛しているのです。それは感動以外何物でもありません。卓越した技術と子供に対しての愛ある行動の賜物なのでしょう。

寺杣さんが子供靴のフィッテイングでとても重要なポイントを今回教えていただきました。

1.カウンター(かかとの部分)が固いこと
 かかとを安定させる
2.ボール部で曲がる
 足が曲がる部分で靴が曲がると脱げにくい
3.甲が止まる機能がある
 ひもやマジックテープ
4.つま先の形が足の形状に合っている、またつま先に厚みがある
 指先が痛くなりにくい

以上のポイントは大人靴にも当てはまる重要ポイントです。
寺杣さんのお店に関してはリンクをはっておきます。子供のために素晴らしい販売・商売をしている寺杣さんを多くの方に知っていただきたいと思います。

https://childrenshoesgentile.tokyo/

 最上級シューフィッター&健康ウオーキング指導士  林 美樹





1.
posted by ミッキー at 03:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月20日

フットケアと靴 No.53

1月半ばを過ぎ大寒の季節です、まだまだ寒い日が続きますが、春が待ち遠しい感じです。

昨年末出張フットケアでご自宅へお伺いした時に、ご家族の方からお子さんの爪についてご相談を受けました。

「この爪はどうしたらいいですか?」と言われたのが下の写真です。

IMG_5716.JPG

爪が短く、爪の表面がガタガタで、爪先の角は皮膚に埋もれている感じです。
特に痛みはないようですが、とても気になって、自分で爪をよく触ったり、爪の表面がささくれると自分で取ったりするようです。

上から両足を確認すると

IMG_5718 2.JPG

左足の母趾の爪は食い込んでいないのですが、爪の切り方が角を落とすようになってしまっています。
母趾が少し曲がっているようにも見えます。

靴を確認させて頂きましたが、少し大き目を履いてらっしゃったので、サイズをきちんと合わせるアドバイスと、爪の切り方のアドバイスしました。


「子供の爪の構造は大人の爪と変わりない。しかし子供の爪は大変薄く、弾性があるため、子供の靴と靴下を点検することが大変重要である。」


(「爪病変大辞典」の原書Das große Buch der Nagelerkrankungen 3版の著者、Anke Niederau(アンケ・ニーデラウ)先生が、 改訂版 4版の 3-43 Der Kindernagel(子供の爪)の章に書かれています。)
*「爪病変大辞典」は日本語出版実行委員会で翻訳し発行した書籍です。



来月ぐらいからそろそろ新入学の準備などに入る方も多いのではないでしょうか?
特に「お子さんの靴選び、どうしたらいいのかな?」と思う方も多いと思います。
そんな時は是非シューフィッター、幼児・子ども専門シューフィッターにご相談ください。


家族で見守って、子ども大人も「快適な靴と足」で過ごしましょう!


マスターオブシューフィッティング&フスフレーゲマスター 藤井 恵
posted by ベーター at 05:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月16日

アレグレットのテンポで歩こう 2023年1月

皆さん、こんにちは。
小正月のどんど焼きや小豆粥を経て、ひとまず年始の行事は終わります。
皆さんは、どんなお正月を過ごされましたか?

お正月は、伝統的な行事が多く、日本の昔の暮らしを思い起こさせてくれます。

昔、日本で使われたのは、鼻緒の履き物でした。
いつから靴を日常的に履くようになったのでしょう。
昭和生まれの私は、子供の頃から靴を履いていました。いわゆるズック靴に爪先を差し込んで、爪先をトントンして踵を靴に入れ、うまく入らないときは、指で引っ掻けて靴の踵をはめていました。 靴べらなど使いませんでした。 誰もがそのようにして履いていましたし、紐靴はおしゃれ靴だとさえ思っていました。

ところで、経済成長期には西洋化された便利な世の中になっていきました。
昔は土間にあった台所は板張りのキッチンとなりました。
間取りを表す言葉「LDK(リビングダイニングキッチン)」が使われるようになり、畳の部屋が減りました。 同時に家のなかでもスリッパなどの履き物を履くようになりました。
郊外の山を切り開き、たくさんの家を建て、道を作り、自家用車が普及しました。
便利にはなりましたが、身体を動かさなくてもよくなり、運動不足になりがちということでもありました。

着衣や履き物にも西洋化が進み、鼻緒の履き物は一般的ではなくなり、靴が主流になりました。
けれど、靴の使い方は西洋化されていません。
家に帰れば履き物を脱いでくつろぐ昔ながらの生活様式は今でも続いています。
靴も、鼻緒の履き物と同じように使われています。
それは私たちの便利すぎる生活のなかでは健康に悪影響を及ぼすと意識されることもない程、靴は普通の履き物となっています。

歩くことは、足の趾を動かし、脚の筋肉の中にある血管の弁を使って血液を循環させる大切な仕組みだと、私はシューフィッターの勉強を通じて学びました。
西洋では、それをよく知って靴を使っているように思います。
西洋化された現代ですが、大切なことが抜け落ちたままになっています。
それを知ることで、家で靴を脱ぎ、足の趾を靴から解放する生活から、新しい靴の使い方を、日本から西洋に向けて発信できるのではないかと期待しています。

上級シューフィッター・ウォーキングマスター・レザーソムリエ ・ヨガインストラクター
   永田 聖子
posted by kemix4 at 14:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする