2017年06月24日

修理における接着とは。

ブログを見ていただきありがとうございます。

先日、株式会社昴さん主催のセミナーに参加してきましたので
今回は...靴修理にはかかせない接着やボンドについて書かせていただきます。
セミナー.jpg
靴修理をしていなくても、基本となることなのでとても重要です。
資料を一部ご紹介していく流れになりますが、ご興味のある方は是非最後まで読んでください(笑)

靴の修理における接着とは
セミナー6.jpg
接着とは2つの素材同士が接着しているのではなく、それぞれの素材に塗布した接着剤同士が結合することを接着といいます。あたりまえのようですが、このイメージをもつことで接着後の剥離時や接着不能な場合の原因追及に役立ってきます。

上記のイメージができたところで、3つの例から接着不良時の症状と解決策の検討方法をさぐっていきましょう。
セミナー7.jpg
例1 素材Aに接着剤の残りがなく素材Bに接着剤が残っている。
読み進める前に何が原因か考えてみましょう!!

この場合は、素材Aへのボンドの接着が足りずに素材Bの接着剤にAのボンドがとられてしまっている状態です。
原因 素材Aの表面の汚れ・接着剤及びプライマーの選択ミス
素材Aへの接着力不足が疑われるので、素材Bの処理は変更せずに素材Aへの処理の変更を検討します。

セミナー8.jpg
例2 素材Aに接着剤の残りがなく素材Bに接着剤と素材Aの表層が取られてしまっている。
原因 素材Aの材料強度不足
素材Aの表面がバフィング処理すみの場合は、表面の劣化が考えられます。バフィング処理を再度行ってから再接着を行います。布などの場合で強度不足の場合は、接着剤を染み込ませ素材の強度の向上を試みます。

セミナー9.jpg
例3 素材Aにも素材Bにも接着剤が残っている。

原因 接着剤の乾燥不足・圧着不足
接着剤の乾燥が不十分な状態で、接着剤本来の接着力を発揮できていない状態です。
乾燥時間をさらにとることで接着力が増強していくことが期待できます。
熱活性や圧着が不十分な状態でも同じ症状が発生します。
接着不良と勘違いされることのある代表的な例です。

以上3例をご紹介いたしました。
簡単なことのようですが、この判断ができなければ靴修理の接着はうまくいかないことが多々あります。
なぜうまく接着できないんだろう??どこに原因があるんだろう??あきらめてしまうまえにしっかり考察していきましょう^^

まだまだ資料からご紹介したいことは沢山ありますが今回はこれぐらいで。
[No.34] シューフィッター 小縣 俊介


posted by シュンスケ at 14:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

世界の靴『スペイン、ポルトガル編』

梅雨の時期ですがわりとお天気がいい日が多く、レインシューズの出番が待ち遠しいこの頃です。農作物のことを考えると雨が降ってほしいなと思います。

前回は『スペイン編』としてスペインのブランドの靴のお話を投稿しました。春にスペイン、ポルトガルに旅行に行かれた知り合いの方に、靴の写真をたくさんいただきました。特にスニーカーが多かったようで、素材や、デザインが面白い靴がありましたのでご紹介ます。

コルクのような素材と光沢素材のコンビネーション、ナチュラルなスニーカー
1493905562640.jpg

太めのリボンがとてもかわいいスニーカー
1493905384200.jpg

左右色違いのスニーカー バックとのコーディネイトもきれいです
DSC_3280 (2).JPG

足首を見せて、柄のスリッポンタイプのスニーカーでとても軽快
DSC_3144 (2).JPG

子ども靴はこんな感じでディスプレー
1493905551651.jpg

たくさんの靴の写真を見ていると、スペイン、ポルトガルへ旅した気分になりました。

次回も世界の靴をテーマに投稿したいと思います。

上級シューフィッター&フースフレーガー 藤井 恵
posted by ベーター at 06:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

悪魔のトリセツ No.74 シートベルト

さて、前回の続きです。

靴の爪先の部分を、トゥボックスと言います。爪先の入る「箱」であり、爪先を保護する「ヘルメット」と、爪先のデザインを作る「飾り」です。

トゥボックスを大きくすると、趾は伸び伸びと使えますが、靴のなかで趾が前に動いてしまうと、爪先が内側から「ヘルメット」に衝突してしまい、却って爪先を傷めてしまいます。まるで、車に乗っていて急ブレーキをかけたときに、前方へ飛ばされてフロントガラスにぶつかってしまうのと同じような事が起こります。それを防ぐために、靴のどこかで足をしっかりと留めなくてはなりません。その、「シートベルト」の役目をするのがシューレース、靴紐です。

靴紐は、靴に身体を留める大切な働きをしています。靴を履くときは、「踵とんとん」して、靴の踵に足の踵をくっつけて、足のくびれている部分をしっかり締めると、靴はとてもコントロールしやすくなりますよ。

上級シューフィッター 永田聖子
posted by kemix4 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする